ケータイ辞書JLogosロゴ 飯良村(近世)


長崎県>宇久町

 江戸期〜明治9年の村名。肥前国松浦郡のうち。はじめ五島藩領,寛文元年から一部が旗本五島氏知行(富江領)。江戸初期は宇久島中(宇久島村)の一部であった。村高は,寛文4年高辻帳では710石余のうち富江領638石余・五島藩領71石余(五島編年史),「天保郷帳」754石余。なお富江領分は,寛文元年目録481石余(うち米144石余),正徳2年高辻郷村帳323石余,うち本高304石余内検高18石余(以上,五島編年史)。五島藩領分の新田畑改高は,明暦元年353石余,延宝3年19石余,享保6年14石余,安永元年1斗余,享和3年2斗余,文化3年2斗余(五島編年史)。富江領分は,年貢率3割2分,輸送の便宜上玄米で納入,小物成は苫2枚,中口3枚,稲巻2枚,縄類2束,菰3枚など。また8代領主鉄之丞時の家並人数書によれば,家数61・人数288,うち男152・女136(富江町郷土誌)。神社は,十二社権現(現神崎神社)があり,社領2石余。寺院は曹洞宗長松寺があり,寺領3石余,ほかに末申観音の小祠がある。飯良郷末申川下流の末申新田は,明和年間に干拓が開始されたが一時中止,天保12年に竣工した。「旧高旧領」には当村名が見えず,五島藩領分は宇久島村(平村)2,991石余,富江領分は神浦【こうのうら】村1,314石余のうちに含まれている。明治4年福江県を経て,長崎県に所属。同9年五島藩領分は平村の一部,富江領分は神浦村の一部となる。なお,平村の一部となった旧五島藩領分の地はのち本飯良郷と称し,神浦村の一部となった旧富江領分は飯良郷と呼ばれる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7447273
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ