ケータイ辞書JLogosロゴ 幾山村(近世)


長崎県>岐宿町

江戸期の村名肥前国松浦郡のうち五島列島の福江島の中央部,東の行者山と西の七ツ岳に挟まれた盆地を中心に位置する五島藩領岐宿【きしく】掛に属す松山村・中岳村・二本楠村の集落があるなお,現玉之浦町に属す江戸期の村の1つに小川幾山【おがわいつくやま】村があり,これを含めて幾山村と称することもあったが,当項目では小川幾山村を除いた狭義の幾山村を扱う村高は,寛文4年高辻帳405石余(五島編年史),「天保郷帳」588石余新田畑改高は明暦元年166石余,元禄10年123石余,享保6年は幾山村松山村9石余・同中岳村5石余・同二本楠村1石余,安永元年は幾山村松山村1石余・同二本楠村5石余・同中岳村1石余,享和3年41石余,文化3年は幾山村松山村分7石余・幾山村中岳村23石余・同二本楠村11石余(同前)富江領分知以前の五島御一円之時惣高帳(明暦・万治年間頃か)によれば,両幾山村として村高619石余の内訳は,蔵入地311石余(50.32%)・給地246石余(39.8%)・寺社領61石余(五島編年史/県史藩政編)「旧高旧領」には村名は見えず,岐宿村2,911石余のうちに含まれており,幕末・維新期までに同村の一部になった現在の岐宿町松山郷・二本楠郷・中岳郷にあたる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7447365
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ