ケータイ辞書JLogosロゴ 江ノ浦村(近世)


長崎県>飯盛町

 江戸期〜明治22年の村名。高来郡のうち。江浦村とも書く(天保郷帳)。村の古名を大屋ノ郷といい,諫早【いさはや】領では西目と呼ぶ地域に入る。江戸初期に八町分村を分村。深堀領主深堀純賢は,豊臣秀吉の朝鮮出兵中に所領の筑前戸萱,平山千石を秣料として公儀へ献上,朝鮮より帰陣後主君鍋島直茂から献上両所の代りとして深海村,中山村,江浦村を拝領したという(深堀茂宅由緒)。これが八町分村の起こりであろう。佐賀藩諫早領。ただし,村内の三町分は寛延3年領主諫早茂行の不調法により上地された14か村の1村として佐賀本藩領となり,明和4年から再び諫早私領となる。村高は,「正保国絵図」「元禄国絵図」「天明村々目録」ともに386石余,「天保郷帳」512石余,「旧高旧領」843石余。なお,このように幕府へ提出された国絵図・郷帳類には江ノ浦村の名で登録されているが,佐賀藩の史料である「宝暦郷村帳」「天明郷村帳」などには当村名は記されず,代わりに三町分村・六町分村の名が見え,佐賀藩領内では三町分村と六町分村として把握されていた。「玄梁院様配分帳」「大小配分石高帳」でも三町分・六町分の両村として記され,給人はともに諫早豊前(諫早領),地米高は三町分村257石余・六町分村246石余。天保3年の諫早私領田畑石高帳によれば,三町分の地米264石余(うち出来田畑地米7石余),六町分の地米250石余(うち出来田畑地米3石余)が記される。元禄11年松本四郎左衛門が私財を投じて月ノ港干拓工事を完成し,広大な開新田の成立をみた。呑吐路【どんどろ】橋の架かった堤防締切部の樋門近くには四郎左衛門が干拓守護のため勧請した弁財尊天がある。また,開名の先神(観世音菩薩)も干拓者の供養のため祀られたものであった。氏神は熊野権現(江ノ浦神社)で,島原藩主が長崎見廻りの道中に休憩することもあった。寺院は浄土真宗本願寺派の普同寺があった。明治初年,佐賀藩の新しい村仕組により三町分村・六町分村を当村に合併した形をとり,また八町分村と小ケ倉村を合併した。明治4年佐賀県,伊万里県を経て,同5年長崎県に所属。同11年北高来郡に属す。明治6年江ノ浦学校が創立し,のち後田・小ケ倉に分校を置いた。同16年開名に江ノ浦小学校校舎が新築され,分校を統合した。明治22年一部(旧小ケ倉村域)を小栗村に編入し,残部は市制町村制施行による江ノ浦村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7447554
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ