ケータイ辞書JLogosロゴ 江ノ浦村(近代)


長崎県>飯盛町

 明治22年〜昭和30年の北高来郡の自治体名。大字は編成せず。中山名・開名・佐田名・上原名・下釜名・平古場名・久保名・山口名・野中名・後田名の行政区がある。村役場は中山名に置かれた。明治22年の農業戸数863うち専業668・兼業195,漁業戸数123うち専業111・兼業12(江ノ浦村郷土史)。同24年の幅員は東西1里15町余・南北1里24町余,戸数1,029・人口5,139(男2,578・女2,561),寺院2,学校1,水車場2,大船1・小船153(徴発物件一覧表)。明治30年浄土真宗興正寺派西法寺が独立した。世帯数・人口は,大正9年1,112・5,514,昭和10年1,132・5,504,同25年1,333・7,139。大正4年の「長崎県大観」によれば,戸数994・人口6,835,学校は江浦尋常高等小学校があり,児童数は848(男455・女393),官公署には村役場,神社は江浦神社,寺院には西法寺があった。また特産物として青莚3万枚・6,000円,製茶1万2,500斤・3,750円,藁細工品(草履・草鞋・藁莚)3,345円が記される。同6年の産業別戸数は,農業567(専業181・兼業386)・漁業285(専業216・兼業69)・養蚕業111(兼業のみ)・工業43(専業8・兼業35)・商業177(専業25・兼業152),反別は田272町7反余・畑434町2反余・山林508町3反・原野127町4反余,主な農産物の産額は米14万6,558円・麦5万9,132円・甘藷2万7,600円・大豆2万4,300円・馬鈴薯5,654円,保有する漁船192隻・漁網65張(北高来郡誌)。道路では明治23年小栗村栗面【くれも】土師野尾名経由の江ノ浦〜諫早間里道が開通,大正6年改修,同10年県道となる。江戸期の島原往還は明治期に入って県道となっていたが明治28年改修された。江ノ浦小学校は明治25年江ノ浦尋常小学校と改称,同27年江ノ浦尋常高等小学校となった。昭和28年久保名に地滑りが起こり,災害簡易水道工事・江ノ浦漁港流土災害復旧工事が行われ地域に恩恵をもたらした。昭和30年飯盛村の一部となり,当村の各行政区は飯盛村の行政区に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7447555
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ