ケータイ辞書JLogosロゴ 加津佐村(近世)


長崎県>加津佐町

 江戸期〜明治22年の村名。高来郡のうち。島原藩領。西目筋に属す。村高は,正保2年肥前国高来郡之内高力摂津守領分図1,951石余,うち宮原村366石余・六反田村356石余・山口村386石余・野田村513石余・津波見村328石余,宝永4年2,601石余,うち田1,196石余・畑604石余(島原様子書),「安永3年郷村帳」2,601石余,ほかに新田525石余,「天保郷帳」3,161石余,「旧高旧領」3,180石余。寛永14年の島原の乱当時の当村と口之津村の合計戸数581・人数3,940で,この全員が島原の乱に参加したと記録される(島原半島史)。「島原様子書」によれば,島原へ陸路10里26町,村内は水下津・野田・六反田・津波見・宮原の5名に分かれ,宝永4年の反別は田213町余・畑91町余,卯年(寛政7年)改の新切108町余(田19町余・畑88町余),塩浜2町余,百姓屋床地子免許反別13町余,米津出は当村浜から島原へ海路10里,農間余業は男は塩焼・笘拵・茅薪取,女は布木綿織,草刈場は123町程で南串山村入会,文政6年改の家数1,918・人数7,940(男4,027・女3,913),牛758・馬286,鉄砲15,水下津名に漁師がおり鯛・鰡・伊勢海老・鰯・鰺などを獲り,遠見番所・唐船見番所が各1か所設置されていた。また同名にある愛宕山はかつて愛宕社があったことにちなみ命名され,女島の頂上には狼煙場があり,六反田名の富士山は山上に富士権現社を祀り,蓮岳は同名の寺地跡の蓮池にちなむという。正保2年の地図を見ると,水下津名にあたる所は,岩戸山より深く入江が入り込んで,現在の加津佐橋のところまで海になっていることがわかる。その後埋立てなどで干拓が進み,宮原名の榎田川と山口川を合流させて堀川とし,その周辺が干拓されたものと推察される。明治4年島原県を経て長崎県に所属。同11年南高来郡に属す。「郡村誌」によれば,村の幅員は東西約1里31町半・南北1里5町,地勢は「東北ニ高来〈小浜山村〉ノ盤麓ヲ負ヒ,又北条岳〈南有馬村〉・愛宕山〈本村〉ノ山脈ニ依リ東北ニ高ク西南ニ低ル,運輸便也,薪材大ニ乏シ」,地味は「土色黒,地質薄瘠,畑作ニ宜シ,稲ニ宜シカラス,甘蔗ニ適ス,水利不便,田方旱ヲ憂フ」とあり,村内は津波見・野田・宮原・六反田・水下津に分かれ,税地は田234町余・畑258町余・宅地8反余・山林1町余・塩田2町余の合計498町余,改正反別は田396町余・畑586町余・宅地61町余・塩田1町余・雑種地9反余などの合計1,047町余,地租は米1,220石余・金518円余,国税金は523円余,改正租金は6,292円余,戸数は本籍1,735・寄留3・社8(郷社1・村社1・雑社6)・寺2の合計1,748,人口は男4,414・女4,072の合計8,486ほか寄留は男4・女5,牛1,092・馬163,船203(50石以上1・漁船202)。また,神社は郷社の温泉神社,村社の天満神社,村社格の八幡神社・内野神社,ほかに洗磯崎神社・愛宕神社・鹿島神社・天満神社・多良神社が鎮座,寺院は曹洞宗岩洞山巌吼庵・真宗永照山蓮正寺があり,学校は水月小学校(明治9年の生徒数は男63・女10)・山口小学校(同男48・女6)・宮原小学校(同男24・女5)・同校分校(同男17・女3)・野田小学校(同男のみ57)が設置され,郵便局が字横町に開局,古跡として水月山円通寺故址,名勝として岩戸山をあげ,民業は農業のほかは商・工業に70人,漁業に142人が従事,物産は馬20頭を佐賀・諫早【いさはや】へ,牛50頭・雞2,400羽・鯣1万5,000斤・鰹節1,000斤・煎海鼠500斤・鱲子150胎を長崎その他へ,雞卵30万顆を長崎・兵庫・大坂へ,櫨実3万斤を蝋に製して他所へ,黒砂糖80万斤を大坂その他へ,乾鰯1,400石を諸所へ出し,そのほか漁獲物・農産物がある。明治22年市制町村制施行による加津佐村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7447861
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ