ケータイ辞書JLogosロゴ 川北村(近世)


長崎県>芦辺町

江戸期〜明治3年の村名壱岐【いき】国壱岐郡のうち河北村とも書いた壱岐島の東部に位置し,東は内海湾に臨む地名の由来は,田川の北に位置するからという(壱岐国続風土記)また,皿川が村内を南から北に流れているので,北川村から川北村になったとも伝える(壱岐名勝図誌)平戸藩領村高は,「慶長9年惣目録」198石余,享保6年1,022石余(朱印高370石余・開発高652石余),うち田724石余・畑298石余(壱岐国続風土記),「天保郷帳」1,029石余「旧高旧領」には見えず,深江村2,254石余のうちに含まれている「壱岐国続風土記」によれば,東西12町余・南北16町余,周囲2里余,享保6年の反別は田34町5反余・畑43町8反余の合計78町3反余,寛政10年の戸数128・人数448,牛140,船数は伝通船1,神社は本社1(式内社)・末社31で,正一位兵主神社(式内社,現兵主神社)・太神宮(現大神宮神社)ほか,寺院は末寺4・末堂8で,広巌山長泉禅寺ほかがある「壱岐名勝図誌」(文久元年)によると,村高は田721石余・畑278石余の合計999石余,反別は田33町9反余・畑38町3反余,戸数108・人数410(男218・女192),神社32・寺院9,堤4か所,里名として東・下・迎坂・本村・屋坂・西目・切方があり,物産は稲・粟・大小麦・蕎麦・木綿・大小豆・稗・辛子と記される明治3年深江村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7447926
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ