ケータイ辞書JLogosロゴ 岐宿村(近世)


長崎県>岐宿町

 江戸期〜明治22年の村名。肥前国松浦郡のうち。岐宿地下村とも見え(正保国絵図),鬼宿とも書いた(元禄郷帳)。五島藩領。岐宿掛に属す。岐宿掛の代官所在地。村高は,正保絵図高530石余,万治2年今高699石余,寛文4年高辻帳530石余(以上,五島編年史),「天保郷帳」748石余,「旧高旧領」2,911石余。新田畑改高は,明暦元年198石余,延宝3年岐宿・河務・大里・まふさるを合わせて160石余,元禄10年20石余,享保6年20石余,安永元年は鬼宿村河務村1石余・同鬼宿分17石余,享和3年35石余,文化3年20石余(五島編年史)。富江領分知以前の五島郷一円之時惣高帳(明暦・万治年間頃か)によれば,村高699石余の内訳は蔵入地282石余(40.3%)・給地205石余(29.3%)・寺社領66石余(五島編年史/県史藩政編)。寛永18年崎野に遠見番所を設置。北西海上の姫島には大村藩からカトリック教徒が移住したと伝える。鎮守の巌立神社は延暦22年の創建という。幕末・維新期までに河原村・幾山【いつくやま】村・唐船之浦村・白石村を編入した。明治4年福江県を経て長崎県に所属。同7年岐宿小学校が開校。同11年南松浦郡に属す。明治前期には牧場があった。「郡村誌」によれば,村の幅員は東西3里3町12間・南北2里24町許,地勢は「東ハ笹ノ岳ヨリ左旋シ二股山ニ連ナリ鳶寝山等連立シ,南ハ七岳雲際ニ聳立シ爺岳ニ迫リ山脈西ニ馳ス,北平濶ニシテ中央城野岳孤立シ,大海ニ面シ深湾ヲ控リ,運輸便利,薪,炭共ニ富メリ」,地味は「其色赤黒,其質中,稲・粱ニ適シ諸雑穀諸植物ニ宜シ,水脈厚ク旱ニ苦ム少シ」とあり,村内は岐宿郷・唐船浦郷・戸岐首郷・河務郷・河原郷・松山郷・中岳郷・二本楠郷・姫島郷に分かれ,税地は田250町余・畑265町余の合計516町余,改正反別は田504町余・畑609町余・宅地45町余・山林432町余・雑種278町余などの合計1,871町余,地租は米820石余・麦416石余・金24円余,改正租金は5,442円余,戸数は本籍1,087・社17(村社1・雑社16)・寺3の合計1,107,人口は男2,855・女2,664の合計5,519,牛729・馬341,船126(200石未満50石以上3・50石未満漁船123)。また,神社は,村社の巌立神社のほかに大山祇神社6・大曽根神社・河務神社・神崎神社・八坂神社・天満神社・松山神社・金刀比羅神社・城神社・仁田神社が鎮座,寺院は曹洞宗両宝山金福寺・同宗荘巌山通福寺・真宗西正山大雄寺があり,学校は岐宿小学校(明治9年の生徒数は男70・女4)・松山分校(同男のみ14)・川原分校(同男21・女1)・楠原分校(明治13年の生徒数は男のみ10)・中岳分校(同男9・女7)・水ノ浦分校(明治15年の生徒数は男のみ10)が設置され,岐宿郷に郵便局があり,古跡として城岳城墟・城山城墟をあげ,民業戸数は農業1,062・工業36・商業55・漁業60,物産は米1,189石・大麦1,155石・小麦486石(うち移出高120石)・裸麦755石(同300石)・大豆1,296石(同436石)・唐豆150石(同80石)・小豆60石・大角豆65石・於胡1,200斤(同1,200斤)・布通2,500斤(同1,500斤)・心太艸1,000斤(同1,000斤)・鯣2,500斤(同2,500斤)・魚類2万斤(同2万斤)・干6,000斤(同6,000斤)・若和布3,000斤(同3,000斤)・煎子150斤(同150斤)・椎茸500斤(同500斤)・甘海苔5,000枚(同5,000枚)・木炭5,000俵(同5,000俵)・薪100万斤(同100万斤)で,移出先は大阪・馬関・熊本・佐賀・長崎などであると記される。明治22年市制町村制施行による岐宿村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7447969
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ