ケータイ辞書JLogosロゴ 岐宿村(近代)


長崎県>岐宿町

 明治22年〜昭和16年の南松浦郡の自治体名。大字は編成せず。岐宿郷・川原郷・松山郷・中岳郷・二本楠郷・河務郷・戸岐之首郷・唐船之浦郷・姫島郷・楠原郷の行政区がある。村役場は岐宿郷に置かれた。明治24年の幅員は東西5里17町・南北6里,戸数1,141・人口6,616(男3,356・女3,260),寺院3,学校6,大船6・小船189(徴発物件一覧表)。大正4年の「長崎県大観」によれば,戸数1,375・人口9,500,学校は岐宿尋常高等小学校・川原尋常小学校・山内尋常小学校があり,児童数は合わせて1,032(男624・女408),官公署には村役場・岐宿郵便局・二本楠郵便局,神社は巌立神社,寺院には金福寺・大雄寺・通福寺があった。また特産物として雲丹370貫が記される。世帯数・人口は大正9年1,534・7,584,昭和10年1,786・7,674。同13年6月18日,鰐川の水を利用して320kwの九州電力鰐川発電所が開設された。松浦郷字志田尾の南にダムがあり,小川原川へ導水しているが,このダムは五島唯一のものである。昭和16年町制施行。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7447970
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ