ケータイ辞書JLogosロゴ 黒崎村(近世)


長崎県>郷ノ浦町

 江戸期〜明治22年の村名。石田郡のうち。平戸藩領。村高は,「慶長9年惣目録」271石余,享保6年988石余(朱印高286石余・開発高701石余),うち田396石余,畑591石余(壱岐国続風土記),「天保郷帳」583石余,「旧高旧領」1,059石余。「元禄郷帳」「天保郷帳」では当村枝郷として小牧村が別記されている。しかし,「旧高旧領」では当村の村高のうちに含まれており,小牧村はもとは当村のうちであったが,江戸前期までに分村し,のち幕末・維新期までに再び当村の一部になったことが知れる。「壱岐国続風土記」によれば,東西18町余・竪35町余,周囲3里余,享保6年の反別は田18町5反余・畑77町3反余の合計95町9反余,寛政10年の戸数167・人数753,牛205・馬1,船数は伝通船5,神社は本社2・末社20で,比売大明神(現比売神社)・天道大明神(現天道神社)ほか,寺院は末寺2・末堂7で,中丘山高源禅院(現曹洞宗高源院)・堀気山福性寺ほかがある。「壱岐名勝図誌」(文久元年)によると,村高は田372石余・畑586石余の合計959石余,反別は田17町2反余・畑46町4反余,戸数217・人数1,058(男563・女495),牛210・馬1,神社20・寺院9,里名として小牧・櫃丘・森・宮崎・立永・法器山・後坂・石方・新田があり,物産は大麦・大豆・小麦・米・小豆・粟・稗・蕎麦・麻・木綿と記される。明治4年平戸県を経て,長崎県に所属。同8年里触の高源院を仮用して黒崎小学校を創設。同9年の生徒数71(壱岐教育小史)。「郡村誌」によれば,村の幅員は東西約21町・南北27町,地勢は「東方高ク漸々西ニ低シ,大小二ノ岬角海中斗出ノ半島ナリ,運輸便利,材・薪ニ乏シ」,地味は「其色字東ト西ハ白,字新田ハ赤,字里ハ黒,其質悪,大麦・蕃藷・大豆ニ適ス,粟・稗・藁・麻・木綿次ク,稲最下,用水無ク水田旱損ニ苦シム,陸田美地在リ,西南風強ケレハ災ヲ為ス」とあり,村内は里・新田・東・西に分かれ,税地は田18町余・畑78町余・山林8反余の合計98町余,地租は米390石余・金4銭,戸数は本籍306・社3・寺1の合計310,人口は男593・女507の合計1,100,牛14,日本形船120(96石積1・農船119)。また,神社は村社の天道神社・比売神社のほか登比川神社が鎮座,寺院は曹洞宗中丘山高源院があり,小学校が字里に設置され,明治10年の生徒数は男91・女57,古跡として隅山・隅屋敷があり,民業は農業と記されている。明治22年沼津村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7448060
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ