ケータイ辞書JLogosロゴ 黒崎村(近代)


長崎県>外海町

 明治22年〜昭和30年の西彼杵郡の自治体名。大字は編成せず。牧野郷・赤首郷・西出津郷・東出津郷・上黒崎郷・下黒崎郷・永田郷の行政区がある。明治24年の幅員は東西1里25町・南北1里18町,戸数902・人口5,379(男2,717・女2,662),学校2,小船294(徴発物件一覧表)。世帯数・人口は,大正9年1,039・5,539,昭和10年1,009・4,865,同25年1,158・5,812。明治12年外海に赴任したド・ロ神父は布教と同時に社会福祉,小麦やイモの品種と耕作技術の改良,トマト・オランダガラシの導入,マカロニ・パンの製造,イワシ漁の改良などに尽くした。大正4年の「長崎県大観」によれば,戸数1,029・人口6,845,学校は黒崎尋常高等小学校があり,児童数は835(男423・女412),官公署には村役場,神社は柏木神社があった。同6年の戸数1,025,うち農業910・漁業62・工業1・商業および交通業16・公務自由業28(外海町誌)。昭和25年生産量は米1,422石・麦2,909石,耕地面積は田814反・畑2,485反。同30年外海村の一部となり,当村の各行政区は黒崎を冠称して外海村の行政区に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7448064
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ