ケータイ辞書JLogosロゴ 群馬の島(中世)


長崎県>伊王島町

織豊期に見える地名肥前国彼杵【そのぎ】郡のうち1585年(天正13年)のリンスホーテン編大航路誌に,長崎への航路の目標として,「カベシュマ(樺島)に至るや,更に遠く六個の小島,即ち岩礁あるを認むべし,之に沿うて大洋に向ひて進むべし,彼の島々には,東及び東北東方,イリヤ・ドス・カバリオス(群馬の島)と呼ぶ島の近傍に容易に認むるを得べし,其島は,大洋の側に高き丘あり,他の平戸の島の側なる岸に沿ひて,二岩礁あり,宛も帆を上げたる二隻の船に似たり」「前に述べし六七個の小島,即ち岩礁の近くに至らば,群馬の島に向ひて航路を採るべし,其島の近く,即ち其島に沿へる岬端の内側に,一岩礁の水面より突出したるを見出すべし,他の小島,岩礁等は,総て之を左方,即ちファクンダ(福田)の島の方角に遺し,尚も長崎の港への航路を続行すべきなり」「(樺島と付近の岩礁を)過ぐれば直ちに群馬の島の岬端を認むべし,其北西岸に当りて,数本の松あり,この岬の方に向って進むべし」と見え,この島とカフリの島(香焼【こうやぎ】島か)の間を通って長崎に至るよう指示している(大日料11-7)当島は伊王島に比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7448088
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ