ケータイ辞書JLogosロゴ 神浦村(近世)


長崎県>宇久町

 江戸期〜明治22年の村名。肥前国松浦郡のうち。はじめ五島藩領,寛文元年から旗本五島氏知行(富江領)。江戸初期には宇久島中(宇久島村)の一部であった。村高は,寛文元年目録401石余(うち米96石余),正徳2年高辻郷村帳では宇久神之浦村と見え500石余,うち本高330石余・内検高170石余(以上,五島編年史),「天保郷帳」330石余,「旧高旧領」1,314石余。「旧高旧領」の村高には小浜村と飯良村の一部(富江領分)を含んでいる。年貢は3割2分,富江領の飛地であるため輸送上玄米で納入,麦は3割1分,夫役は棟別1か月2日,四季別1日の計28日,小物成は真綿・苧・藍や稲巻2枚,縄類2束,苫2枚,中口3枚,菰3枚など。8代領主鉄之丞時の家並人数書によれば,家数269・人数1,445(男737・女708)。寺院は曹洞宗西蓮寺(寺領4石余)・法華宗妙覚寺(同2石余),神社は志自岐大明神(社領1石余)・天神(同1石余),ほかに厳島神社・猿田彦神社がある。天神は,明治4年宇久島神社となる。同年福江県を経て,長崎県に所属。同11年北松浦郡に属す。明治9年小浜村と飯良村の一部(富江領分)を合併。明治8年神浦村三宅駒次郎が駅停局の認可を受け,神浦郵便取扱所が設けられ,同19年3等郵便局となり,宇久島神浦郵便局となる。明治7年代官邸に神浦小学校創設,同9年神村小学校,同19年尋常神浦小学校となる。「郡村誌」によれば,村の幅員は東西約25町・南北約1里10町,地勢は「東方平村ニ孤立スル城ケ岳ノ山脈全島ニ敷キ,本村ハ其西南ヲ占メ,丘陵凸凹タリト雖モ総テ耕地トナシ,林叢甚タ稀ニ只城ケ岳ノ半腹僅ニ原野アリ,家畜牛馬ノ放牧ニ供ス,西方ハ一面海ニ瀕シ,平村ノ寺島北方ヲ遮リ,小値賀島前ニ当リ,稍内海ノ状ヲ成シ風濤甚タ猛烈ナラス,海運便ニ,薪炭全クナシ」,地味は「其色赤ク,其質ハ肥腴,水田二分ニシテ白田其八ニ居ル,豆麦ニ適ス,水利極テ乏シク旱損多シト雖モ水田僅少ナルヲ以テ全村ノ愁トセス」とあり,村内は飯良郷・神浦郷・小浜郷に分かれ,税地は田49町余・畑165町余・宅地2町余の合計217町余,改正反別は田47町余・畑287町余・宅地20町余・山林63町余・原野76町余などの合計495町余,地租は米202石余・粟291石余・麦435石余・金15円余,改正租金は1,476円余,戸数は本籍506・社6(村社1・無格社5)・寺4(曹洞宗2・真言宗1・日蓮宗1)の合計516,人口は男1,277・女1,327の合計2,604,牛443・馬9,船102(200石未満7・50石未満漁船95)。また,神社は宇久島神社・三碕神社・神崎神社・若宮神社・厳島神社・猿田彦神社が鎮座,寺院は曹洞宗光岳山西蓮寺・同宗蓬莱山長松寺・真言宗雲竜山大定院・日蓮宗深信山妙覚寺があり,学校は神村小学校(明治9年の生徒数は男77・女28)・遊神小学分校(同男51・女10)が設置され,郵便取扱所が字神ノ浦に置かれ,民業別戸数は農業420・商業10・漁業73,物産は牛60頭・馬3頭・鶏1,200羽・小鯛18万4,000尾を長門・大阪へ,鯣1万斤を長崎へ輸送し,鰤800尾は各地に輸送と記されている。同21年平戸区裁判所神浦出張所を平村から移転。明治22年市制町村制施行による神浦村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7448122
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ