ケータイ辞書JLogosロゴ 神浦村(近代)


長崎県>宇久町

 明治22年〜昭和30年の北松浦郡の自治体名。大字は編成せず。神浦郷・飯良郷・小浜郷の行政区がある。神浦郷に村役場を設置。明治24年の幅員は東西1里5町・南北25町,戸数580・人口3,131(男1,623・女1,508),寺院4,学校2,大船8・小船214(徴発物件一覧表)。同39年部長派出所が設置された。同45年の戸数607・人口3,663(神浦村郷土誌)。大正4年の「長崎県大観」によれば,戸数600・人口3,864,学校は神浦尋常高等小学校があり,児童数は352(男178・女174),官公署には村役場・平戸区裁判所神浦出張所・神浦巡査部長派出所,神社は宇久島神社,寺院には妙覚寺・長松寺・大定院・西蓮寺があった。また特産物として麦・大豆・甘藷・海産物・連子・鱶鰭・鯛・鯣が記される。世帯数・人口は,同9年683・3,272,昭和10年611・2,816,同25年716・3,467。当地は時代の推移をよく把握し,産業の振興・社会教育などに力を入れた。消防,農事改良,漁商業の振興,天災地変の応急処置,衛生思想普及のため,明治45年6支部をもつ青年団を創設し,大正3年には県知事に表彰され,奨励金を下付された。会員は17〜40歳である。明治37年婦人会を創設,大正6年に再編成され4支部を置き,徳操・実業知識の普及に当たった。明治43年宇久島神社内に図書館も創設された。同年神浦港の海岸・階段・石段の改修,防波堤の修理など当時としては先進的事業が数多く実施された。本土との定期船が寄港したのが明治30年頃で,現在の九州商船が昭和3年,野母商船会社の太古丸が同4年に寄港して物資交流が盛んとなり,文化開発に貢献した。同23年神浦漁協が結成された(宇久町郷土誌)。昭和30年宇久町の一部となり,村制時の各行政区は同町の行政区に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7448123
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ