ケータイ辞書JLogosロゴ 神浦郷(近代)


長崎県>宇久町

 年不詳〜現在の行政区名。明治22年神浦村,昭和30年からは宇久町のうち。明治21年の法務局宇久出張所の移転,昭和26年第7管区佐世保海上保安部神浦分室の設置,また定期船の寄港廃止などが当地区の発展に大きな影響を与えた。城ケ岳のすそ野は平子溜池や昭和40年堀ノ水溜池が掘られ開墾されて田畑を形成し,丘陵部は牛の放牧が行われている。産業は,養豚,牛の飼育,養蚕,蔬菜栽培,延縄漁業が盛んである。昭和40年の世帯数371・人口1,449(男656・女793)。昭和38年寺島中学校,同41年飯良中学校を神浦中学校に合併。また,同43年には小浜小学校を神浦小学校に合併し,神浦中学校跡地に移転した。同53年神浦診療所を開設。寺島経由小値賀【おぢか】島を結ぶ「みつしま丸」は当地を基地としている。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7448124
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ