ケータイ辞書JLogosロゴ 神浦村(近世)


長崎県>外海町

 江戸期〜明治22年の村名。肥前国彼杵郡のうち。大村藩領。外海地区に属す。村高は,慶長17年検地による朱印高249石余(大村郷村記),「天保郷帳」290石余,文久2年内検高485石余,うち田高383石余・畠高102石余(同前),「旧高旧領」527石余。「慶長高帳」によれば,蔵入地と小姓衆知行地の2給。「大村郷村記」によれば,文久2年の村況は,東西1里13町・南北1里32町,広さ3,998町余,うち田地38町余・畠地87町余(うち切畠49町余)・山林野3,873町余,ほかに池嶋は東西12町・南北10町,広さ144町,うち畠地10町余(うち切畠7町余)・山林野133町余,内検高の内訳は蔵入地321石余・浮地4石余・請地11石余・私領147石余・寺屋鋪2斗,年貢上納は米555俵余・小麦147俵余・銀593匁余,竈数(安政3年改)1,081,うち大給5・小給5・間医1・殿組手明1・鉄砲足軽14・奉公間人2・扶持大工7・目見百姓2・本百姓284・間百姓500・私領256・寺内4,人数5,460(男2,728・女2,732),宗旨別人数は浄土宗26・法華宗106・真言宗3・真宗5,325,牛336,運上を納める諸職業の軒数は酒造株1・揚酒株1・浦分揚酒株1・糀株2・米小売株1・染屋株5・豆腐株8・鍛冶屋株4・蒟蒻屋株1・質屋株1・問屋株1・小店株1・素麪小売株1・水車2,販売商品として鰹節・鯛・鰤・大海老・平子・栄螺・藍・瀬魚類をあげ,村内には神の浦があり,船数129,寺院は真宗光照寺・修験南竜院,神社は松尾大明神・神功皇后・羽黒大権現・山の神・恵美須社・金毘羅社・白岳大明神などがあり,神浦と池島に小番所,池島の番所近くに遠見番,川口蛭子の鼻に台場が置かれ,村の南北に通じる道は「雪の浦村境相河川より黒崎村境荒川まで行程一里十九町三十二間半,此間神浦村往還也」,東西に通じる道は「神の浦村荘屋門前より長浦村境茶碗水まで行程一里三十三町四十六間,此間神の浦村より長浦村へ越す山道也」とあり,海草に藻・ヒジキ・カジメ・フノリ,山野土産としてナシ・ウメ・ダイダイ・クズ・ワラビ・フキなどがあると記される。火災が多く,延宝2年から嘉永5年の間に18回も村内各地に大火と報告されている。明治4年大村県を経て長崎県に所属。同11年西彼杵郡に属す。明治6年公立神浦小学校設置。「外海町誌」によれば,池島の戸数は明治期80余,若くて丈夫な男は船員となって島を出,老人・女・子供が残って漁労に従事した。明治20年,アメリカの軍艦が池島を無人島と間違えたのか発砲,牛が驚いて海に飛び込んだため,牛小屋に被害があった。当時の外務卿大隈重信が直接交渉して2万ドルの弁償金を払い受け,住民に配分したため裕福になり,本村に引き揚げる者もいた。島の周囲は本村の者であれば自由に網漁をしてよいことになっていたが,海藻だけは島民の専有となっていた。「郡村誌」によれば,村の幅員は池島を除いて東西1里33町余・南北1里9町余,地勢は「東ハ焼野頭ヨリ梅ノ木平ノ山脈ヲ負ヒ,タカフトウノ原野南ニ連ナリ,奥ノ高尾山ヨリ西ニ馳セテ館ノ山ニ連ナリ,原野高低シテ北面ヲ塞ク,中間低夷ニシテ西ハ海ニ窮マル,海運便利,薪炭共ニ足ル」,地味は「其色白,其土砂磧,其質中,稲粱ニ宜ク雑穀ニ適ス,水脈厚ク旱ニ苦ムコト少シ」とあり,村内は上大野郷・下大野郷・夏井郷・向郷・下大中尾郷・上大中尾郷・北大中尾郷・扇山郷・上道徳郷・下道徳郷・江川郷・口福郷・丸尾郷・池島郷に分かれ,税地は田36町余・畑89町余・宅地5畝余・山林8町余の合計133町余,改正反別は田97町余・畑316町余・宅地17町余・山林95町余・原野146町余・秣場14町余・竹林4町余・草生地9町余・藪8町余などの合計711町余,地租は米194石余・大麦134石余・金1,203円余,国税金は95円余,改正租金は1,756円余,戸数は本籍1,173・寄留1・社4(村社3・雑社1)・寺2の合計1,180,人口は男2,894・女2,921の合計5,815,牛260,船24(500石未満200石以上2・200石未満50石以上7・50石未満漁船15)。また,字通町に郵便局があり,学校は江川郷に神浦小学校(生徒数男80・女6),上大中尾郷に明治10年創立の大中尾分校(生徒数男のみ55),上大野郷に同年創立の大野分校(生徒数男のみ46)が設置され,神社は江川郷に県社の神浦神社,下大野郷に村社の大野神社があり,ほかに事代主神社・琴平神社・白山比咩神社が鎮座,寺院は真宗東派角砥山光照寺・日蓮宗事常山久本院があり,古跡として江川郷に古城跡,向郷に台場跡が残り,民業は農業699戸・漁業254戸・商業108戸・工業40戸,物産の産出高は米830石・麦1,600石・大豆480石・甘薯550万斤・素麪1万斤・干鰯600俵・鰹節8,438斤・鰑2,500斤,輸出高は麦300石・甘薯35万斤・干鰯400俵・鰹節5,000斤・鰑2,000斤で,愛媛県・小豆島・大坂府・長崎港・福岡港・佐賀県佐賀地方へ輸送すると記される。明治18年戸長役場を江川郷に設置。同22年市制町村制による神浦村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7448126
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ