ケータイ辞書JLogosロゴ 香焼村(近世)


長崎県>香焼町

 江戸期〜明治22年の村名。彼杵郡のうち。「宝暦郷村帳」「天明郷村帳」には「島村 又云香焼」とあり,江戸期には当村は島村と称されることが多かったようで,「元禄郷帳」「天明村々目録」「天保郷帳」でも島村と見える。佐賀藩深堀領。深堀郷に属す。村高は,「天明村々目録」91石余,「天保郷帳」97石余。給人・地米高は,「玄梁院様配分帳」では香焼村と見え鍋島官左衛門66石余,「大小配分石高帳」では鍋島左馬助66石余。嘉永5年の調査によれば,反別は田7町2反・畑12町9反6畝,戸数182・人数961(男461・女500),職業は百姓63戸・335人(男160人・女175人),漁業35人,日雇稼17人,炭坑稼9人,大工3人,石工8人,御繋船舸子8人,士兵37人,身売5人,船が12艘(作船10・鰯網船2)があった(香焼町史)。明治4年佐賀県,伊万里県を経て,同5年長崎県に所属。同11年西彼杵郡に属す。明治5年深堀村に合併し,深堀村香焼名と称するが,同13年再び分離して香焼村として独立した。明治6年日本坑法施行により,香焼炭坑社が政府から借区して採炭する。「郡村誌」によれば,村の幅員は東西25町40間・南北19町10間,地勢は「島中高山川流ナク,運輸海スレバ便,島中ニ在リテハ頗ル不便,薪足リ炭ナシ」,地味は「其色赤,其質粘土,中ノ下タリ,稲粱桑茶ニアシク菽麦ニ可ナリ,水利乏シク常ニ旱ニ苦ム」とあり,村内は里・安保・大山に分かれ,税地は田7町余・畑61町余の合計68町余,改正反別は田3町余・畑63町余・宅地4町余・山林94町余・藪2反余・秣場5町余・鰯干場6反余・網干場7反余などの合計172町余,地租は米26石余・大麦110石余・小麦13石余・金15円余,賦金14円余,国税金は89円余,改正租金は165円余,戸数は本籍237・社1(村社)・寺1の合計239,人口は男594・女627の合計1,221,牛2,船55(500石以上4・50石未満艀船38・50石未満漁船13),村内には明治15年の出炭高860万斤を記録する炭鉱があり,学校は字里に香焼小学校が設置され,生徒数は男45・女6,神社は岩立神社が鎮座,寺院は曹洞宗香焼山円福寺があり,古跡として日野山古戦場があげられ,民業は農業221戸・商業21戸・漁業11戸,物産は米23石余・大麦370石余・小麦16石余・裸麦22石余・粟19石余・大豆9石余・蕃薯76万8,000斤・石炭863万1,000斤で,うち雑穀と石炭1,000斤を除く産物は長崎や中国地方に輸送されると記される。明治22年深堀村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7448135
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ