ケータイ辞書JLogosロゴ 国分村(近世)


長崎県>芦辺町

 江戸期〜明治22年の村名。壱岐郡のうち。平戸藩領。村高は,「慶長9年惣目録」599石余,享保6年893石余(朱印高529石余・開発高357石余),うち田688石余・畑205石余(壱岐国続風土記),「天保郷帳」942石余,「旧高旧領」1,013石余。「壱岐国続風土記」「壱岐名勝図誌」,明治10年の「郡村誌」に当村内の小村として見える当田は,「元禄郷帳」「天保郷帳」には箱崎村枝郷の1つとして当田村と見える。はじめは箱崎村のうちで,のち江戸後期頃から当村に属すことになったものか。「旧高旧領」の村高には当田村の分も含まれていると思われる。「壱岐国続風土記」によれば,東西31町余・南北18町余,享保6年の反別は田41町1反余・畑34町4反余の合計75町5反余,寛政10年の戸数121・人数408,牛215・馬2,船数は伝通船1,神社は本社2(式内社)・末社32で,国片主神社(式内社,現国片主神社)・月読神社(式内社,現月読神社)・森権現(現室神社)・中山明神(現大神宮神社)・天満天神(現天満神社)ほか,寺院は末寺4・末堂6で,浦上山観音禅寺(現臨済宗大徳寺派観音寺)・称名山阿弥陀寺(旧壱岐国分寺)ほかがある。「壱岐名勝図誌」(文久元年)によると,村高は田712石余・畑199石余の合計911石余,反別は田45町7反余・畑34町3反余,戸数116・人数445(男233・女212),神社31・寺院9,堤3か所,里名として本村・古木・室・西原・中山・辻山・当田・菅苗があり,物産は米・木綿・大小麦・大小豆・粟・稗・蕎麦・麻と記される。明治4年平戸県を経て,長崎県に所属。「郡村誌」によれば,村の幅員は東西約24町・南北約23町,地勢は「中央高ク四方ニ低シ,西ノ方新川溝ヲ帯フ,運輸便利,薪乏シカラス,材木ニ乏シ」,地味は「其色赤,其質悪,大小麦・稗・蕎・麻少シク適ス,稲・木綿次ク,用水ニ乏シ,雨多キ歳ハ稲ニ適ス」とあり,村内は本村・当田・東・川迎に分かれ,税地は田47町余・畑42町余・山林7町余の合計96町余,地租は米382石余・金36銭,戸数は本籍146・社7・寺1の合計154,人口は男240・女207の合計447,牛182・馬4,日本形農船1。また,神社は村社の国方主神社のほか月読神社・室神社・天満神社・太神宮神社・古国分神社・椎木神社が鎮座,寺院は臨済宗浦上山観音寺があり,古跡として郡城址・巌屋(岩屋か),民業は農業,物産は牛10頭を筑前国へ,鶏卵2,000顆を芦辺浦へ出すと記されている。明治22年那賀村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7448167
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ