ケータイ辞書JLogosロゴ 木場村(近世)


長崎県>宇久町

 江戸期〜明治9年の村名。肥前国松浦郡のうち。五島藩領。宇久島掛に属す。江戸初期には宇久島中(宇久島村)の一部であった。村高は,寛文4年高辻帳356石余(五島編年史),「天保郷帳」452石余。「旧高旧領」には当村名が見えず,宇久島村(平村)2,991石余のうちに含まれている。新田畑改高は,明暦元年90石余,延宝3年34石余,享保6年6石余,安永元年1石余,享和3年7斗余,文化3年1斗余(同前)。年貢率は3割2分,そのほかに夫役が棟別月2日と四季別1日の計28日,江戸歩銀4匁,笘2枚などが課された。寛永5年8月9日キリシタンの五島入島を禁止する高札が藩内各地に立てられ,享保元年には寺院に対しても禁制札が交付された。制札場は宇久島五か村に設けられたが,太田江村などとともに当村もその1つであった。神社は,享和2年讃岐金比羅宮の御霊を遷座したといわれる金比羅神社がある。寺院は,浄土宗浄土寺があったが,明治2年に廃寺となる。のちこの浄土寺跡に浄土宗厳浄寺が建立されている。明治4年福江県を経て,長崎県に所属。同9年平村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7448212
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ