ケータイ辞書JLogosロゴ 住吉(中世)


長崎県>芦辺町

 戦国期に見える地名。壱岐国壱岐郡のうち。「正平神領図」では,式内名神大社住吉神社の神領として布代村・長川戸があり(壱岐史拾遺),これが後に住吉となった。「海東諸国紀」には,壱岐十三里の1つとして「愁未要時〈七十余戸〉」と記している。「永禄田帳」には,「住吉 鯨伏」として8町1反とあり,15名の給人に分給されている。現在の芦辺町の住吉東触・住吉前触・住吉後触に比定される(壱岐国史)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7448497
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ