ケータイ辞書JLogosロゴ 平村(近世)


長崎県>宇久町

 江戸期〜明治22年の村名。肥前国松浦郡のうち。五島藩領。宇久島掛に属す。江戸初期には宇久島中(宇久島村)の一部であった。村高は,寛文4年高辻帳では宇久平村と見え852石余(五島編年史),「天保郷帳」962石余。新田畑改高は,明暦元年96石余,延宝3年60石余,享保6年13石余,安永元年16斗余,享和3年2石余,文化3年8升余(同前)。宇久代官所が引地に置かれ,物成は本前1人の田畑持高10石に3割2分,諸役は夫役が棟別月2日・四季別1日の計28日,江戸歩銀4匁,笘2枚,古月初大磐若の野菜,3年奉公など。3年奉公とは娘を家中に無報酬で3年間勤めさせる夫役で,明治初期まで行われた。当地は鮑がよくとれたので,舟見役を置いて海士と採鮑に関するすべてを支配させ,鮑は明鮑に加工され長崎会所に集荷した。明治期には,船見役から商業的鮑加工業者の座方にかわる。村内の神社は,神島大明神(神島神社)で社領32石余,ほかに天満宮・水神社・山本神社・事比良神社(金刀比羅神社)・古志岐神社があり,寺は真言宗毘沙門寺(寺領20石余)・同宗清浄院(同3石余)・同宗能成院(同13石余)同宗成興寺(同5石),曹洞宗東光寺(同113石余)・同宗舜谷寺(同15石余)・同宗養松庵(同5石)・同宗竜像寺(同4石余),西光院(同4石余)・東光坊(同2石)・天福庵(同1石余)・松林寺・六社権現などがあったが,江戸期から排仏毀釈に至る間に大部分が廃寺となり,東光寺・毘沙門寺・舜谷寺が残るのみ。明治初年の「旧高旧領」には宇久島村2,991石余と見えるが,これは当村のことで,この村高には江戸期の平村・太田江村・木場村・手羅島村および飯良村の一部(五島藩領分,のち本飯良郷と称する地)の5か村分を含んでおり,幕末・維新期までに太田江村・木場村・手羅島村および飯良村の一部が当村のうちとされていたことが知れる。なお,明治17年の「郡村誌」では,当村域は古くは平村・太田江村・木場村・飯良村・寺島村の5か村に分かれていたが,のち平村・山本村・十川村・針木村・野方村・太田江村・木場村・大久保村・飯良村・寺島村の10か村に分かれ,明治9年この10か村が合併して平村と称したという。江戸期の幕府へ提出した郷帳類には前者の5か村しか記載されていないので,後者の10か村は五島藩領内限りの村立てと思われる。したがって,公式には明治9年に太田江村・木場村・手羅島(寺島)村および飯良村の一部が当村に合併したものと考えられる。明治4年福江県を経て,長崎県に所属。同7年平小学校と葩磨【はま】分校設置,生徒数は平小学校男67・女13,葩磨分校男44・女37。同11年合併し宇久小学校と改称。同年北松浦郡に属す。「郡村誌」によれば,村の幅員は東西約3里・南北約1里半,地勢は「東北平坦耕地多ク,西位城岳ヲ負フ,三面海ニ瀕シ,南位独リ神浦村ト耕地原野ヲ以域ル,運輸便利,薪炭甚タ乏シ」,地味は「其色赤黒,其質美,稲・粱・桑ニ宜ク桑・麻ニ適ス,水脈薄ク稍モスレハ旱ニ苦ム」とあり,村内は平郷・木場郷・大久保郷・寺島郷・野方郷・太田江郷・飯良郷に分かれ,税地は田95町余・畑363町余の合計458町余,改正反別は田108町余・畑594町余・宅地30町余・山林147町余・原野287町余などの合計1,167町余,地租は米241石余・粟876石余・麦1,058石余・金45銭余,国税金は45円,改正租金は3,249円余,戸数は本籍850・社14(村社2・雑社12)・寺3(曹洞宗2・真言宗1)の合計867,人口は男2,052・女2,086の合計4,138,牛2,000,船161(50石未満漁船141・50石未満農船20)。また,神社は村社の神島神社のほかに八幡神社・天満宮・水神社・山本神社・前子神社・事比良神社2・古志岐神社・三浦神社・若宮神社・鹿神社・厄神社・金刀比羅神社が鎮座,寺院は真言宗吉祥山毘沙門寺・曹洞宗一宝山東光寺・同宗江円山舜谷寺があり,学校は宇久小学校(明治9年の生徒数は男67・女13)・葩磨分校(同年男44・女37)・方正分校(同年男23・女13)・木場分校(同年男21・女30)・本良分校が設置され,古跡として城岳城址があり,民業別戸数は農業690・商業10・漁業160,物産は米700俵・麦500俵・大豆1,500俵・小豆200俵・小麦400俵・於胡2万5,000斤・和布2万5,000斤・鯣2万斤・鮑8,000斤と記されている。明治22年市制町村制施行による平村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7448566
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ