ケータイ辞書JLogosロゴ 平村(近代)


長崎県>宇久町

 明治22年〜昭和24年の北松浦郡の自治体名。大字は編成せず。平郷・太田江郷・野方郷・木場郷・大久保郷・本飯良郷・寺島郷の行政区がある。平郷に役場を設置。明治24年の幅員は東西3里14町・南北1里15町,戸数1,027・人口5,410(男2,681・女2,729),寺院3,学校3,大船1・小船430(徴発物件一覧表)。大正4年の「長崎県大観」によれば,戸数1,065・人口7,610,小学校の児童数は1,184(男591・女593),官公署には村役場・宇久平郵便局,神社は神島神社・八幡神社,寺院には東光寺・毘沙門寺・厳浄寺があった。また特産物として農産米その他雑穀8,070石・甘藷94万5,980貫・水産13万200貫・海草類15万8,600貫が記される。世帯数・人口は,同9年1,377・6,425,昭和10年1,330・6,299。同年には,特産品は甘藷・麦・牛,水産物として鰤・烏賊・鮑・海草などである。寺院は明治35年浄土宗厳浄寺,同44年浄土真宗徳成寺,大正9年曹洞宗連灯寺・日蓮宗妙蓮寺が建立され,7か寺となった。大正期〜昭和期にかけて溜池が各地に掘られ,大正6年山本溜池,同13年平溜池,大正14年長野溜池,昭和4年太田江溜池,同15年木場溜池が築造され,灌漑面積60haとなり,水稲栽培の増盛へ向かった。漁業も同時期に活況を呈した。母船式沖合延縄漁業で,昭和初期長崎出稼ぎを契機として盛んとなった。当時長崎に機船底引漁業・母船式沖合延縄漁業が発展し,漁業従事者として出稼ぎが目立った。出漁中家族の者が航海安全を祈るため,島内の寺社,祠,山野の神,仏,諸天に参籠する「おこもり」が盛んであったが,捕鯨漁業・延縄漁業が下火になるとともに素朴な宗教的民俗も衰退した。当地の海士は「アマンシュ」といわれ名高い。昔は一年中採鮑していたが,大正期以後は2〜7月に採鮑を行い,ほかの時は沖合延縄(レンコダイ延縄)・鰯網などに出稼ぎをした。また「朝鮮行き」「五島行き」というのがあった。「朝鮮行き」とは,大正14年頃まで,朝鮮の慶尚北道・清津などの沿岸まで出漁するもので,7尋の小舟に15〜16人が乗組み,4昼夜を要した。出漁期間は5月から盆前の7月12日までである。「五島行き」とは,旧暦6月20日過ぎから7月12日まで五島一円に出漁することで,これより早く帰港すると罰金を課した。舟1隻に7人乗り,海士舟20隻と本船1隻で船団を組み採鮑した。主な泊り先は,奈留・岐宿【きしく】・三井楽・荒川などであった。昭和24年漁業法改正後廃止された。現在採鮑は宇久島周辺に限られている。昭和24年町制施行。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7448567
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ