ケータイ辞書JLogosロゴ 田結村(近代)


長崎県>飯盛町

 明治22年〜昭和30年の北高来郡の自治体名。大字は編成せず。里名・池下名・川下名・古場名の行政区がある。村役場は里名に置かれた。明治24年の幅員は東西1里1町・南北20町,戸数466・人口2,251(男1,117・女1,134),厩132,寺院2,学校1,水車場2,大船1・小船68(徴発物件一覧表)。世帯数・人口は大正9年515・2,484,昭和10年497・2,564,同25年548・3,006。大正6年の産業別戸数は,農業430(専業333・兼業97)・漁業105(専業70・兼業35)・林業20(兼業のみ)・養蚕業48(兼業のみ)・工業28(専業4・兼業24)・商業135(専業12・兼業123),反別は田65町1反余・畑154町5反余・山林173町5反余・原野32町1反,主な農産物の産額は米2万5,683円・麦1万9,110円・甘藷1万6,442円・馬鈴薯7,638円・生薑5,817円・青芋5,000円,保有する漁船105隻・漁網202張,主な漁獲物の産額は鰤2,000円など(北高来郡誌)。農業は畑作の比重が大きく特産物は田結生薑。木炭生産も盛んで,ほかに農家副業としてワラジの生産があった。水産業は池下名で沿岸漁業が行われた。交通では大正2年田結村〜真津山村間の花ノ木峠経由里道が改修され,国鉄長崎本線喜々津駅(多良見村)の利用などに便利となった。田結小学校は明治39年高等科を設置,田結尋常高等小学校となる。人物では眼科医高野信道が卓抜な学識・技術と高潔な人格により郷民の尊敬を集めた。昭和30年飯盛村の一部となり,当村の各行政区は飯盛村の行政区に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7448685
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ