ケータイ辞書JLogosロゴ 長浦村(近代)


長崎県>琴海町

 明治22年〜昭和34年の西彼杵郡の自治体名。大字は編成せず。尾戸郷・大平郷・形上郷・長浦郷・戸根原郷の行政区がある。村役場は長浦郷に置かれた。明治24年の幅員は東西1里18町・南北2里1町余,戸数644・人口3,625(男1,804・女1,821),学校3,水車場6,大船1・小船273(徴発物件一覧表)。世帯数・人口は,大正9年763・3,989,昭和10年706・3,852,同25年863・4,790。明治26年長浦小学校に高等科を併置し長浦尋常高等小学校と改称。昭和22年高等科を廃止し長浦小学校と改称。大正4年の「長崎県大観」によれば,戸数710・人口3,975,学校は長浦尋常高等小学校・尾戸尋常小学校があり,児童数は合わせて503(男251・女252),官公署には村役場・長浦巡査派出所・村巡査駐在所・長崎小林区署長浦保護区官舎・長浦郵便局,神社は三社大神・三輪神社・八幡神社・住吉神社・塩釜神社があった。また特産物として米4,000石,真珠および真珠介2,000円,椿油4石,ほかに甘薯が記される。昭和34年琴海【きんかい】村の一部となり,当村の各行政区は琴海村の行政区に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7448865
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ