ケータイ辞書JLogosロゴ 中原(中世)


長崎県>加津佐町

南北朝期に見える地名肥前国高来【たかき】郡のうち正平21年12月9日大智譲状(広福寺文書/南北朝遺4653)によれば,肥後広福寺の開基大智禅師が加賀祇陀寺・肥前高来郡加津佐円通寺・同高来東郷神代村本覚寺,その他田地を禅古に譲与したが,「賀津佐村田地壱丁〈字新入〉弐丁〈字山口〉七反二丈〈字中原〉」は残し置かれた中原は加津佐村内の7反2丈の田地の所在地である現在の加津佐町内には,津波見名に中原,六反田名に上中原・下中原・中原の地名が残っており,上記史料中の中原がどれに相当するか明らかでないが,「字山口」が六反田名内に所在することにひきつけて考えれば,後者の可能性がやや高い
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7448911
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ