ケータイ辞書JLogosロゴ 西海村(近世)


長崎県>琴海町

 江戸期〜明治4年の村名。肥前国彼杵郡のうち。大村藩領。内海地区に属す。「元禄郷帳」「天保郷帳」では西海村一村として見えるが,「大村郷村記」では西海村(内検高770石余)としたうえで「西海村之内」として西海村・村松村・子々川【ししがわ】村の3か村に分けて記載されており,当村の枝村であった村松・子々川の2か村は幕末期には当村から一定度独立した村として扱われていたとみられる。村高は,慶長17年検地による朱印高273石余(大村郷村記),「天保郷帳」286石余,文久2年内検高412石余,うち田高385石余・畠高26石余(同前)。「旧高旧領」には当村名が見えず,村松村1,267石余のうちに含まれている。「大村郷村記」によれば,文久2年の村松村・子々川村を除く当村の村況は,東西1里20町・南北1里10町余,広さ3,124町余,うち田地50町余・畠地32町余(うち切畠19町余)・山林野3,041町余,内検高の内訳は蔵入地206石余・浮地13石余・請地7石余・私領185石余,年貢上納は米347俵余・小麦51俵余,竈数159,うち大給1・小給10・村医1・奉公間人1・蔵百姓44・私領102,人数873(男436・女437),宗旨別人数は法華宗588・真宗285,牛149,運上を納める諸職業の軒数は糀場株1,販売商品として芋・鮪網縄をあげ,船数2,神社は当村鎮守の毘沙門天王・八幡があると記される。また,寛永年間頃大村忠左衛門が田地3町余を開発し,延宝5年頃検地を受け,延宝7・8年頃豊村左五大夫も田地3町余・高17石余を開発したが,いずれも年貢上納に行詰まり藩に返上した。さらに文化9年福田恵七郎が知行闢として海辺潟2町余の開発を申請したという。明治4年村松・子々川・戸根の3か村と合併して村松村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7448976
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ