ケータイ辞書JLogosロゴ 姫島(中世)


長崎県>岐宿町

 戦国期に見える地名。肥前国松浦郡のうち。「策彦和尚入明記」の天文10年6月26日条によると,明から帰国した策彦和尚の船が,この日,ある島の側を通ったところ,同乗の1人が「此島是五島西面姫島云也」と言ったことが記されている(山口県史料中世編上)。なお,江戸期には岐宿村の一部で,江戸中期には大村藩領のキリシタンが移住し,漁業に従事した。姫島の近海は好漁場であったが,飲料水に乏しく,また耕地もなく,食糧は三井楽や岐宿に頼っていた。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7449174
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ