ケータイ辞書JLogosロゴ 村松村(近世)


長崎県>琴海町

 江戸期〜明治22年の村名。肥前国彼杵郡のうち。大村藩領。内海【うちめ】地区に属す。「元禄郷帳」「天保郷帳」には村名が見えず,「大村郷村記」に「西海村之内」として西海村・子々川【ししがわ】村の各村とともに村松村の名が見える。西海村の枝村の1つであったが,幕末には一定度独立した村として扱われるようになっていたのであろう。村高は,文久2年内検高96石余,うち田高89石余・畠高6石余(大村郷村記),「旧高旧領」1,267石余。この「旧高旧領」の村高には西海村・子々川村・戸根村の3か村が含まれている。当村ははじめ西海村のうちに含まれ,問支配の浦人4〜5軒が村松浦にあるにすぎなかった。のち戸根村大石の浅田東馬の知行となり,享保11年蔵入地に編入され新手代役場が創設された。はじめは横目・手代・問は1人の兼役であったが,元禄14年横目役所が設けられた。村内には平家の落人志田三郎勝平を祀る大石神社があり,神酒を郷民で分ち飲む神事があったという。「大村郷村記」によれば「西海村之内」と見え,文久2年の村況は,東西19町余・南北10町,広さ234町余,うち田地12町余・畠地10町余(うち切畠3町余)・山林野211町余,内検高の内訳は蔵入地48石余・浮地1石余・請地3石余・私領39石余・水主地2石余,年貢上納は米88俵余・小麦9俵余・銀38匁余,竈数115,うち大給6・小給11・奉公間人1・旗組足軽1・扶持大工1・間人5・山伏1・百姓11・浦百姓15・私領63,人数608(男297・女311),宗旨別人数は浄土宗5・法華宗565・真宗38,牛100,運上を納める諸職業の軒数は揚酒株2・糀屋株1・染屋1・鍛冶屋1,販売商品として鮪網縄をあげ,村内には村松浦があり,船数26,寺院は修験真祥院,神社は当村鎮守の豊島大明神・七面大明神・山の神・恵美須があると記される。明治4年西海村・子々川村・戸根村を合併。同年大村県を経て長崎県に所属。同11年西彼杵郡に属す。「郡村誌」によれば,村の幅員は東西1里12町20間・南北1里18町,地勢は「西山ヲ負ヒテ高ク,東海ヲ控ヘテ低シ,中央西海川ヲ帯ビ,東方胴風岳聳立ス,運輸ヤヤ便,薪炭乏シカラズ」,地味は「其色薄黄,其質軽墳,稲粱ヤヤ適シ,桑茶亦可也,水利便ニ間々水損アリ,然レドモ亦殊ニ甚シカラズトス」とあり,村内は子々川郷・西海郷・村松郷・戸根郷に分かれ,税地は田147町余・畑91町余・宅地10町余・山林49町余の合計298町余,改正反別は田308町余・畑315町余・宅地20町余・山林113町余・原野49町余・竹林5町余・秣場56町余・藪7町余などの合計878町余,地租は金2,096円余,国税金は51円余,改正租金は3,926円余,戸数は本籍503・寄留1・社4(村社1・雑社1)・寺1の合計509,人口は男1,666・女1,132の合計2,798,牛375,船34(50石未満荷船8・漁船26)。また,大場石山・大迫石山という石切場があり,学校は西海小学校(生徒数男110・女4)と戸根分校(生徒数男28・女22)が設置され,神社は村社の香取神社のほか熊野神社・豊島神社・阿蘇神社が鎮座,寺は日蓮宗自証寺があり,古跡として城ノ山古城が残り,民業は農業525戸,物産は米2,102石余・大豆109石・蕎麦20石余・甘薯60万斤・粟2石余・大麦267石余・小麦62石余・裸麦47石余・柿6万顆・蜜柑7万顆・梨子3万顆・雞800羽・雞卵6,000個・煎海鼠30斤で,このうち米1,100石・大豆50石・甘薯20万斤・大麦25石・小麦20石・柿4万顆・蜜柑3万顆・梨子1万5,000顆・雞700羽・雞卵5,000個・煎海鼠30斤は輸出され,甘薯は大坂へ,他は長崎・時津・長与などへ輸送すると記される。明治22年市制町村制施行による村松村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7449505
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ