ケータイ辞書JLogosロゴ 守山村(近世)


長崎県>吾妻町

 江戸期〜明治22年の村名。高来郡のうち。島原藩領。北目筋に属す。村高は,正保2年肥前国高来郡之内高力摂津守領分図1,209石余,宝永4年1,209石余,うち田1,013石余・畑196石余(島原様子書),「安永3年郷村帳」1,209石余,ほかに新田55石余,「天保郷帳」1,266石余,「旧高旧領」1,268石余。「島原様子書」によれば,島原までの陸路6里,村内は平江・田平・古城・大木場の4名に分かれ,反別は田138町余・畑48町余,卯年(寛政7年)改の新切33町余,うち田1町余・畑31町余,百姓屋床地子免許反別6町余,農間余業は男は縄莚拵,女は布木緬織,草刈場300町余で山田村・千々石【ちぢわ】村入会,米津出は当村浜より島原湊まで海路6里,文政6年改の家数976・人数2,127(男1,061・女1,066),牛78・馬281。天保9年の村内諸事扣帳によれば,庄屋給2反余・乙名4人給4反,畑方1町余,社堂は11か所で氏神の熊野社のほか八武社大明神・五社宮・馬場天満宮・萩之本天満宮・横田天満宮・愛宕社相殿・観音堂・彦山社・阿弥陀堂があり,寺院は西本願寺末大福寺,ほかに庵2軒がある。また古城跡1か所,すくい12か所,家数947・人数2,076(男1,059・女1,017),牛74・馬262,産物に櫨実1万1,100斤がある。明治4年島原県を経て,長崎県に所属。同7年守山学校が開校,生徒数は男43・女16(学務課事務簿)。同11年南高来郡に属す。「郡村誌」によれば,村の幅員は東西12町・南北1里32町,地勢は「南方ニ吾妻岳北麓ノ地勢ヲ負ヒ,西北ニ低レ海ニ臨ム,左右平地ニ連リ率ム子平坦,運輸便利,薪炭少シク乏シ」,地味は「黒土赤色ヲ帯フ,地質善シ,稲・粱ニ宜シク桑・茶ニ適ス,水利ニ便ニ田方旱損少シ,村ノ東方平江名旱損較多シ」とあり,村内は平江・田野平・古城・木場に分かれ,税地は田138町余・畑87町余・宅地6反余・山林9反余の合計228町余,改正反別は田162町余・畑127町余・宅地17町余・雑種地3反余などの合計308町余,地租は米1,067石余・金286円余,国税金は311円余,改正租金は2,679円余,戸数は本籍438・社7(村社1・雑社6)・寺1の合計446,人口は男1,091・女1,097の合計2,188,牛222・馬258,船2(100石積回船1・50石未満回船1)。また,神社は村社の熊野神社のほかに稲田神社・窟神社・天満神社2・彦山神社・横田神社が鎮座,寺院は真宗国豊山大福寺があり,学校は守山小学校(明治9年の生徒数は男35・女11)が設置され,古跡として切通シ古城があり,民業別人数は農業のほかに商業23・工業13,物産は馬45頭を諫早・唐津へ,牛40頭を佐賀・長崎へ,櫨2万5,000斤を蝋に製して他方へ,製茶700斤を諸方へ,蜂蜜50斤を長崎へ,素麺3万斤を諸方へ,棕梠皮100斤・七島蓙100枚を他村へ移出し,烏芋などを少々産すると記される。明治22年三室村と合併し,市制町村制施行による守山村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7449547
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ