ケータイ辞書JLogosロゴ 守山村(近代)


長崎県>吾妻町

 明治22年〜昭和29年の南高来郡の自治体名。三室・守山の2か村が合併して成立。大字は編成せず。本村名・木場名・平江名・古城名・田之平名・大木場名の行政区がある。村役場は古城名に置かれた。明治24年の「徴発物件一覧表」には,守山の幅員は東西12町・南北1里20町,戸数430・人口2,435(男1,217・女1,218),厩340,寺院1,学校1,三室の幅員は東西10町余・南北1里24町,戸数168・人口981(男482・女499),厩120,学校1,小船9と見える。同26年の「南高来郡町村要覧」によれば,戸数609・人口3,549(男1,757・女1,792),牛261・馬446,田203町1畝余・畑196町6反余,山林は官有・民有合わせて225町8反余,学校は,尋常守山小学校(生徒数152),赤土坂分教場(生徒数33),神社は熊野神社・剣柄神社・稲田神社・平江神社・岩戸神社・天満神社・横田神社・水原神社,仏寺は大福寺,官衙公署は巡査駐在所・村役場,消防組1,職業別戸数は,清酒醸造2・絞蝋2・質屋1・呉服太物商2・米中買6・居商36,樟脳製場8,職工は大工11・石工1・鍛工3・桶工3・木挽職2・左官1,物産は牛・馬・鶏卵・菜種(島原半島史)。大正4年の「長崎県大観」によれば,戸数560・人口4,353,学校は守山尋常高等小学校があり,児童数は14(男9・女5),官公署には村役場,神社は熊野神社・剣柄神社・岩戸神社・稲田神社,寺院には大福寺があった。世帯数・人口は大正9年584・3,036,昭和10年601・3,223,同25年743・4,138。学校は昭和16年守山国民学校と改称し,初等科の2部授業を実施,同22年守山小学校となり,同29年には鶴田小学校となる。守山中学校は昭和22年設立,同24年新校舎に移転。昭和29年吾妻村の一部となり,当村の各行政区は吾妻村の行政区に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7449548
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ