ケータイ辞書JLogosロゴ 山田村(近世)


長崎県>吾妻町

 江戸期〜明治22年の村名。高来郡のうち。島原藩領。北目筋に属す。村高は,正保2年肥前国高来郡之内高力摂津守領分図1,485石余,宝永4年1,485石余,うち田1,219石余・畑266石余(島原様子書),「安永3年郷村帳」1,485石余,ほかに新田129石余,「天保郷帳」1,619石余,「旧高旧領」1,644石余。「島原様子書」によれば,島原までの陸路6里11町,村内は川床・牛口・布江・永中・栗林・馬場・阿母の7名に分かれ,反別は田178町余・畑91町余,卯年(寛政7年)改の新切72町余,うち田5町余・畑66町余,百姓屋床地子免許反別11町余,農間余業は男は畳莚拵,女は布木緬織,草刈場500町余で千々石【ちぢわ】村・守山村・野井村入会,米津出は当村浜より島原湊まで海路6里11町,文政6年改の家数1,461・人数3,798(男1,922・女1,876),牛45・馬273,鉄砲4。明治4年島原県を経て,長崎県に所属。同7年開校の阿母学校の生徒数は男29・女5,布江学校の生徒数は男16・女2,馬場学校の生徒数は男34・女5(学務課事務簿)。同11年南高来郡に属す。「郡村誌」によれば,村の幅員は東西28町20間・南北1里26町,地勢は「南方吾妻岳ノ山脈ヲ負ヒ,北ニ低シテ海ニ臨ム,山脈松尾ノ嶺背ヲ為シテ村ノ中央ニ斗出シ,分レテ数派トナリ頗ル高低アリ,海岸ノ地較低テ左右ノ平地ニ連ル,運送便利,薪炭足ル」,地味は「赤土ニ黒色ヲ帯ヒ,地質中ニ居ル,稲・粱ニ宜ク,大豆ニ適ス,桑・茶ハ未タ試験ヲ経ス,水利ニ便ニ田方旱損少ナシ」とあり,村内は牛口・永中・馬場・栗林・布江・川床・阿母に分かれ,税地は田190町余・畑199町余・宅地2町余・山林1町余の合計394町余,改正反別は田246町余・畑357町余・宅地30町余・雑種地1町余などの合計636町余,地租は米1,471石余・金558円余,国税金は445円余,改正租金は4,073円余,戸数は本籍757・社8(村社3・雑社5)・寺1の合計766,人口は男1,870・女1,889の合計3,759,牛334・馬432,船58(80石〜50石まで20・50石未満漁船38),人力車3。また,神社は村社の温泉神社・水分神社・白山姫神社のほかに稲荷神社・水原神社・栗林神社・牛口神社・天満神社が鎮座,寺院は真宗宝養山法性寺があり,学校は船津小学校(明治9年の生徒数は男53・女5)・馬場小学校(同男41・女3)・阿母小学校(同男30・女6)が設置され,古跡として栗林古城があり,民業別人数は農業のほか工業38・商業30・漁業81,物産は馬93頭を諫早・佐賀へ,牛55頭を長崎・諫早へ,櫨5万斤を蝋に製して大阪そのほかへ,蜂蜜200斤を長崎そのほかへ,曝蝦5,000斤を長崎へ,塩アミ・干アミと縄5,500束を諸方へ移出し,ほかに黒砂糖5,000斤なども産するとある。明治22年市制町村制施行による山田村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7449590
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ