ケータイ辞書JLogosロゴ 山田村(近代)


長崎県>吾妻町

 明治22年〜昭和29年の南高来郡の自治体名。大字は編成せず。牛口名・馬場名・栗林名・布江名・川床名・永中名・阿母名の行政区がある。村役場は馬場名に置かれた。明治24年の幅員は東西30町・南北1里22町余,戸数799・人口4,065(男2,046・女2,019),厩520,寺院1,学校2,水車場6,大船21・小船116(徴発物件一覧表)。同26年の「南高来郡町村要覧」によれば,戸数792・人口4,174(男2,097・女2,077),牛342・馬475,田256町9反余・畑381町1反余,山林は官有・民有合わせて190町5反余,学校は尋常山田小学校(生徒数129)・川床分校(生徒数30)・阿母分校(生徒数15),神社は温泉神社・水分神社・白山姫神社・栗原神社・稲荷神社・水原神社・牛口神社・天満神社,仏寺は法性寺,官衙公署は巡査駐在所・村役場,消防組1があり,職業別戸数は清酒醸造1・絞蝋2・質屋1・荷受問屋5・米穀仲買4・居商32,樟脳製場2,職工は大工11・石工1・鍛工4・桶工2・左官3,物産は牛・馬・干鰕・鶏・鶏卵・菜種・石(島原半島史)。大正4年の「長崎県大観」によれば,学校は山田尋常高等小学校があり,児童数は792(男419・女373),官公署には村役場があった。世帯数・人口は大正9年926・4,649,昭和10年1,011・5,452,同25年1,300・7,332。山田沿岸の干拓事業は幕末から行われてきたが,明治26年県の許可を得て大崎連氏が280町歩余の干拓に着工,その後台風の被害などにより難行したが,補修を終え,大正8年には126町余の所有権認定を受け,同年から昭和2年まで年平均2,000石余の米を生産するに至った。第2工区は大正15年から5年がかりで完工,「佐富」集落と命名された(吾妻町史)。学校は昭和16年山田村国民学校となり,同22年山田第一小学校と改称,同23年川床分校は独立して第二小学校となる。昭和29年吾妻村の一部となり,当村の行政区は吾妻村の行政区に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7449591
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ