ケータイ辞書JLogosロゴ 山田駅(古代)


長崎県>吾妻町

平安期に見える駅名肥前国高来【たかき】郡のうち「延喜式」兵部省諸国駅伝馬条に見える肥前十五駅の1つ駅馬5疋を置く高山寺本「和名抄」駅名でも「山田」とある高来郡の駅は「肥前国風土記」には「駅は四所」とあるが(古典文学大系),「延喜式」段階では,その記載順序から推察して,船越・山田・野鳥の3駅となり,8世紀に比べ1駅減少している高来郡山田郷に所在したと考えられ,雲仙岳西北,現在の吾妻町(旧山田村)に比定される山田川上流の谷・牧ノ内・兵庫・山田原などの地名が残るあたりに駅家があったのであろう(古代日本の交通路4)船越駅から山田駅への駅路は,船越駅から野鳥駅への経路とのかかわりで,海岸沿いの駅路か,千々石断崖に沿って島原半島中央部を通るか,断定はできないが,島原半島中央部を通るとすると高来郡家は支路で結ばれていたことになる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7449596
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ