ケータイ辞書JLogosロゴ 阿佐古村(近世)


熊本県>菊鹿町

 江戸期〜明治22年の村名。菊池郡のうち。村高は,天正17年の検地帳(県立図書館蔵文書)で270石余,慶長9年の検地帳(同前)で271石余,「寛永郷帳」271石余,「正保郷帳」も同高でうち田246石余・畑25石余,「天保郷帳」273石余,「旧高旧領」281石余。なお寛永12年の地撫帳(同前)には,御姫様領分として田畑9町4反余・石高99石余が見える。「肥後国誌」では深川手永に属し,高277石余とあるが,宝暦13年の田畑下名寄御帳(同前)によれば,田畑反別31町9反余,高280石余うち上知・御給地277石余となっている。なお新地や諸開が9町9反余あり,開墾の進捗が著しい。また小村には一野坪・中田・小屋その・小屋その上・二又・黒仁田・宮野本・向田・前田・土井後を掲げる。文化11年の家数46・人数192,牛16・馬41(深川手永手鑑/肥後藩の農村構造)。社寺祠堂は,「国郡一統志」に乙護法・天神森,「肥後国誌」には乙子大明神社,当明寺跡の地蔵堂,神徳寺跡の観音堂が見える。乙護法・乙子大明神社は現在の乙皇神社で,当村の氏神。熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。「郡村誌」によれば,田23町2反余・畑7町余,戸数51・人口235,牛2・馬48,水車2,物産は穀類のほか繭・楮皮・柿・鎌など,民業は農業45戸・大工職1戸・水車職2戸など。なお明治10年の農民一揆,いわゆる戸長征伐では,民費の不当徴収分払戻しを要求,宮原村とともに戸長詰所で交渉,木野村西法寺に集結して県官とも交渉した。同22年の田畑30町6反余・宅地3町余,戸数58・人口278(県公文類纂/県立図書館蔵文書)。同年城北村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7449790
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ