ケータイ辞書JLogosロゴ 有佐村(近代)


熊本県>鏡町

 明治22年〜昭和30年の八代郡の自治体名。有佐・下・中島・下有佐の4か村が合併して成立。旧村名を継承した4大字を編成。明治29年九州鉄道(現鹿児島本線)の有佐駅の開通式の当日から3日間,下等(3等車)運賃の半額サービスが行われた。大正2年チフス患者40名発生うち6名死亡。大正6年氷川堤防が各所で決壊し,人畜家屋の被害甚大。明治24年の戸数325,人口は男1,016・女1,081。世帯数・人口は,大正9年503・2,764,昭和10年558・3,234,同25年769・4,379。明治22年尋常有佐小学校設立,のち有佐尋常小学校,有佐尋常高等小学校を経て,昭和16年有佐国民学校と改称。同20年同校でも分散教育と学徒動員が始まり,隣町宮原町一町田の佐世保海軍施設部有佐製材所(通称青木部隊)の建設工事に従事。米軍上陸に備え近畿地方編成の装備粗悪な比叡部隊が有佐小学校に駐屯。同21年奉安殿撤去。同22年国民学校は有佐小学校と改称,有佐中学校併設,のち併設中学校廃校(鏡町立有佐小学校創立百周年記念誌)。同30年鏡町の一部となり,村制時の4大字は同町の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7449892
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ