ケータイ辞書JLogosロゴ 飯塚村(近世)


熊本県>宇土市

江戸期〜明治7年の村名宇土【うと】郡のうち俗に「いんつか」とも「いいんつか」とも称する仮俣山(御殿山)や七曲山・五本楠山・一本楠山の北麓に位置し,北には金獄山・飯塚山がある村名は,飯を盛ったような神の木山の形状によるともいうが未詳仮俣山のすそに仮俣古墳,その反対側に東畑古墳があり,ともに装飾文様で知られる熊本藩領村高は,「寛永郷帳」173石余,「正保郷帳」も同高でうち田98石余・畠75石余,「天保郷帳」174石余,「旧高旧領」244石余「肥後国誌」によれば郡浦【こおのうら】手永に属し,高244石余,神社に天神社があるまた飯塚山ふもとの一角に虫蝕地蔵の名で呼ばれる地蔵尊があり,歯痛をとどめるとして多くの参詣者を集めた熊本県,八代【やつしろ】県を経て,明治6年白川県に所属同7年恵塚村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7449903
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ