ケータイ辞書JLogosロゴ 石橋村(近世)


熊本県>宇土市

 江戸期〜明治22年の村名。宇土郡のうち。はじめ熊本藩領,正保3年からは宇土藩領。村高は,「寛永郷帳」338石余,「正保郷帳」も同高でうち田251石余・畠87石余,「天保郷帳」340石余,「旧高旧領」508石余。「肥後国誌」によれば郡浦【こおのうら】手永に属し,高500石余,小村に轟がある。天保8年の郡浦手永略手鑑(辛川家文書)によれば,高500石余,竈数50・人数219。浄土真宗西専寺は,寛永9年休信が神山村に開創,明治初年当村に移った。「肥後国誌」によれば,嘉禄年間聖光上人開基という浄土宗柿木山三宝院もあり,その境内に,関ケ原の戦後加藤清正に仕え宇土城番を勤めたもと紀伊新宮の城主堀内氏善の墓がある。なお,明和6年の帆足通楨撰の再修轟泉碑が轟泉の前にたつ。熊本県,八代【やつしろ】県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。「郡村誌」によれば,田26町5反余・畑16町7反余,戸数69・人数295,牛10・馬27,字居屋敷に人民共立小学校があり,生徒数は男39・女18,物産は穀類のほか甘藷・七島・薪など,民業は農業62戸・染物職2戸・旅籠屋1戸。同22年轟村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7449973
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ