ケータイ辞書JLogosロゴ 市野瀬村(近世)


熊本県>芦北町

 江戸期〜明治22年の村名。葦北郡のうち。熊本藩領。村高は,「寛永郷帳」393石余,「正保郷帳」も同高でうち田332石余・畠60石余,「天保郷帳」488石余。「旧高旧領」134石余。細川氏入国によって成立した市野瀬手永の中心村で,同手永の初代惣庄屋は市野瀬又兵衛が勤めた。この一族は,中世には相良氏の家臣としてたびたびの合戦に出陣した名門であったが(八代日記など),寛永19年不都合のかどで誅伐され,市野瀬手永は解体された。当村も市野瀬手永から大野手永となり,寛文13年からは佐敷手永に属した。ただし当村はその後も,桑沢見村・漆川内村・告村・才木村・上白木村・下白木村・長沢村・塩浸村を懸村として管轄した。享保8年の雨乞行事の記録(芦北町誌)によれば,市野瀬村懸は臼太鼓踊り・前狂言・奴踊りを出している。なお,寛永10年の人畜改帳では,周辺の各村を含め,高453石余,屋敷数53・家数183,男女293人,牛15・馬19。「肥後国誌」によれば佐敷手永に属し,高114石余,小村に祝坂村・岩下村・古屋敷村・屋敷野村・鎌瀬村などがある。このうち鎌瀬村は,球磨【くま】川中流の左岸,突出した地形の傾斜地上に位置する。村名は,球磨川の鎌のように鋭角に曲折した瀬に由来するという。同川の船着場の1つで,鎌瀬口番所が置かれ,鉄砲12挺を備えていた。明治3年の佐敷郷御通筋御手鑑帳(芦北町立図書館蔵文書)によれば,戸数15・人数72,牛12。祝坂村は本村の南,佐敷川沿いの階段上の台地に位置し,相良(球磨)往還札松峠の登り口にあたる。正徳年間の求磨道筋の事に「いわい坂と申す村有り,今家数七軒,此村前に川有り,広さ十間程,深さ弐尺余,此川渡り候て角割と申す坂有り」と見える(芦北町誌)。また屋敷野村は天月川の支流屋敷野川最上流の山間に位置し,そのふもとの村は下白木村。現在の芦北町白木の一部にあたる。熊本県,八代県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。同20年の戸数60・人口389(同前)。同22年大野村の大字となる。明治14年大野尋常小学校開設。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450008
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ