ケータイ辞書JLogosロゴ 伊津野村(中世)


熊本県>宇土市

 南北朝期に見える村名。宇土【うと】郡のうち。地名としては鎌倉期の安貞2年12月15日の沙門弁阿(弁長)施入状(筑後善導寺文書/鎌遺3798)に「肥後国宇土伊津野西光院」と見え,当地において念仏を行い,授手印を西光院に施入し,その寺外持出しを禁じている。村名としての初見は康安元年10月25日の藤原義貞譲状(阿蘇文書/大日古13‐1)で,「譲申 ひこの国うとのい津のの村の事」とあり,義貞は当村を「あそのせうわかこ」に譲っている。なお,当地に残る板碑には「寔永正十八年辛巳八月廿六日大風吹□大塩満而洗此石也為末世之亀鏡披見」とあり,当地が永正18年に大風による潮害を受けたことが知られる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450045
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ