ケータイ辞書JLogosロゴ 伊津野村(近世)


熊本県>宇土市

 江戸期〜明治7年の村名。宇土郡のうち。はじめ熊本藩領,正保3年からは宇土藩領。村高は,「寛永郷帳」569石余,「正保郷帳」も同高でうち田411石余・畠157石余,「天保郷帳」570石余,「旧高旧領」791石余。なお正保3年に宇土藩領となった際には,高786石余,免は3割8分8厘で,土物成305石余,反別は田30町8反余・畑16町3反余となっている(城南町史)。「肥後国誌」によれば郡浦【こおのうら】手永に属し,高786石余,小村に辻村・陣村・迫村・下前村など,神社に三宮大明神社・鴨大明神社・三郎天神などがある。寺院は浄土真宗常光寺。建保5年菊池武広が先祖の菩提を弔うために建立,秋閑上人を開基としたが,のち荒廃し,元和3年再興されたという(宇土市史)。熊本県,八代【やつしろ】県を経て,明治6年白川県に所属。同7年野鶴村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450046
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ