ケータイ辞書JLogosロゴ 井手郷(中世)


熊本県>一の宮町

 鎌倉期〜南北朝期に見える郷名。阿蘇郡北郷のうち。治承2年3月13日の阿蘇社宮師僧長慶譲状案(阿蘇文書/大日古13‐1)に「一□(所)〈下井手・高島〉□段」とあり,上・下に分かれていたことが知られる。郷名の初見は,元徳2年正月14日の阿蘇社造営料木第三箇度切符写(同前)で,「一 井手〈野尻彦五郎方〉」として後椽20支,「同(井手)郷〈饗庭三郎方〉」として後椽20支を納めている。なおこの切符写によれば「小野田 山田 上井手」の3か所が野椽10支・裏板20枚を納めており,「上井手」の存在が知られる。同年2月23日の阿蘇社造営料木注文写(同前)には,七祝分に「井手郷〈野尻・饗庭〉分二本」とあり,2本の料木を納めており,正慶元年11月22日の阿蘇社造営料鍛冶炭苫未進注文写(同前)では,炭6駄・苫1帳が未進であることがわかる。建武3年3月11日の阿蘇社領郷村注文写(同前)には渋河兵庫助の沙汰する北郷のうちとして,「一所五町 井手郷」「一所十町 小野田〈下山田・北薗・河島方・上井手〉郷」とある。阿蘇山衆徒内談引付写(西巌殿寺文書/県史料中世1)の正平11年9月2日条によれば,「上宮御寄進地就井手十二町田地流鏑馬事,可為山上衆徒云々」についての内談が行われ,阿蘇山衆徒は阿蘇上宮に寄進された「井手十二町田」に課せられていた流鏑馬役を,上宮衆徒の役として勤仕することを拒否すると決議している。同19年12月日の阿蘇社領四面内并郷々闕所注文(阿蘇文書/大日古13‐1)には「一,かみいて 同すわうとのゝ〈ことのゝ時よりあしてちきよう〉」とあり,上井手は周防殿の給分であり,故殿の時から夫役である足手を宛て課する権利をもっていたことがわかる。同23年3月10日の時能書状(西巌殿寺文書/県史料中世1)では,井手本生方が護摩供料3貫文を上進したことが知られる。また前記引付写の同23年11月11日条によれば,「井手十二町内下地十三坊可支配事」が定められている。永徳2年の追記のある年未詳10月9日付の2通の義嗣書状(同前)によれば,一大夫・今村・二大夫に対し,「井手牟田十五町」などの郷々料田の沙汰をするよう命じ,一方,高山九郎左衛門尉に対して「井手本主方内上宮護魔(摩カ)供料事」を沙汰するよう命じている。至徳2年8月7日の阿蘇社領郷々注文(阿蘇文書/大日古13‐1)では,当地には1家分(10町)の阿蘇社領があり,1町7反は「御まいてんしやうふ」であり,元周防殿の知行であった南郷御代御料所と「なかゝ」の代官料所とされている。なお同注文には「一所 おのた・やまた・上井手 一けんふん内」とあり,小野田・山田・上井手には1家分の社領があり,また「一所 かミイて十二丁」については,このうち5反は三宮の四面,枳木,1町5反は満願寺阿弥陀堂免,残る10町はもと周防殿の知行地で,南郷御代官の御料所と「なかゝ」の代官が阿蘇一宮・二宮に寄進した分からなっていた。応永4年3月2日の政能書状案(西巌殿寺文書/県史料中世1)では,「阿蘇之内井手牟田けんたんの事」を免除する旨が衆徒中に伝えられた。同9年卯月日の阿蘇社造営料木郷村支配注文案(阿蘇文書/大日古13‐1)では「ゐてのかう分」「ゐてむたの分」として料木7支を勤仕している。同16年2月10日の阿蘇山衆徒料井手郷坪付注文(西巌殿寺文書/県史料中世1)に「御岳衆徒御方井手郷六町之坪付注文」とあり,当郷は西巌殿寺と深い関係を有する郷であったことが知られる。しかしそのうち2町7反は,「江成」であり,衆徒方領は低地にあった不安定な地域と考えられる。同29年11月30日の阿蘇山衆徒等起請文写(阿蘇文書/大日古13‐2)によれば,「阿蘇山御寄進地所々之事」の1つに「一所 井手牟田」が見える。なお前記の応永16年の注文をはじめとして,文明5年9月20日の阿蘇山衆徒領検注帳(西巌殿寺文書/県史料中世1)までの65年間に17通の年貢注文や坪付注文が残っている。これらによると,当郷内の御岳衆徒領は,「五町田」と呼ばれる部分と,「十二町田」と呼ばれる部分からなっていたことが知られ,後者は「井手牟田」とも呼ばれていた。「五町田」の年貢は応永32年の2斗7升(現作田7反2丈中)を最低とし,永享11年・同12年・嘉吉元年は不作9反であるが,各々9斗1升・9斗・9斗3升と安定し,最高は文安4年の1反1斗1升であり,平均7斗7升となる。また年未詳7月20日付の阿蘇社中司書状案(同前)では「井手の五町田」の万雑公事が免除されている。一方,「十二町田」の方は,このうち御岳に寄進されたのは6町で,年貢は応永32年の1斗3升が最低で,浮免とあり,前記のように不安定な耕地で田地を特定できない状態であった。最高は文安4年の4斗7升で,平均3斗3升となる。文安5年8月18日の阿蘇社造営木屋勤仕人数番定(阿蘇文書/大日古13‐1)では,11番に井手孫二郎知行の「下井手」と同三郎四郎知行の「せと」,21番に小陣伊豆守知行の「井手」と御岳より知行の「同(井手)下原」が勤仕している。天文14年10月20日の阿蘇社対面所造営料木切符次第写(同前/大日古13‐2)では「井手五町」「上井手三町三段」分の材木を勤仕している。同23年8月7日の阿蘇社造営料木郷々支配注文(同前/大日古13‐1)では「井手・下原之分」「上井手・河島かた北薗・下山田之分」として料木を負担している。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450048
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ