ケータイ辞書JLogosロゴ 今富村(近世)


熊本県>河浦町

 江戸期〜明治22年の村名。天草郡のうち。大江組に属す。はじめ肥前唐津藩領,寛永15年富岡藩領,同18年幕府領,寛文4年再び富岡藩領,同11年からは幕府領。枝村に小島村がある。村高は,万治検地帳189石余(天草島鏡/天草郡史料1),「天保郷帳」249石余,「旧高旧領」253石余。なお万治検地による天草郡石高半減以前の高は,「正保郷帳」で403石余,うち田376石余・畠22石余・桑茶永荒5石余。「肥後国誌補遺」による竈数40・人数407。なお同書では,崎津村に「小島ト云小村アリ」と見える。また「天草島鏡」(天草郡史料1)によれば,天保4年の家数369・人数1,945,田が高232石余・反別33町1反余,畑が高17石余・反別4町7反余うち新田畑高53石余,氏神は十五社宮。十五社宮は,社記によると慶長10年阿蘇神社から勧請したという。享保9年大江村と今富村の年貢米が富岡へ積廻しの途中に破船したため,7か年の年賦上納願が出されている。そのうち当村分は48石。文化8年には当村の農民が異教弾圧に対する報復を標榜し,賦役などの負担を拒否する騒動が起きた。この結果,5人が縄手鎖のうえ宿預け,12人が会所へ呼び出された(上田家文書)。寺子屋は,大崎文平が天保5年から慶応2年,上田敬之進が弘化4年から万延元年,池田万吉郎が嘉永2年から文久2年まで開設していた。富岡県,天草県,長崎府,長崎県,八代【やつしろ】県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。同16年大江教会神父フェリエ師は,当村の山奥の根引原野を開墾して子部屋(託児所・孤児院)を建てたが,同26年同師が鹿児島へ去ったため閉鎖された。現在井戸と子供の墓碑が残る。明治22年市制町村制施行による今富村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450120
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ