ケータイ辞書JLogosロゴ 今村(近世)


熊本県>河浦町

江戸期〜明治29年の村名天草郡のうち天草下島南部,行人岳(普賢岳)の西麓で,一町田川の支流今田川の流域に位置する壱町田組に属すはじめ肥前唐津藩領,寛永15年富岡藩領,同18年幕府領,寛文4年再び富岡藩領,同11年からは幕府領枝村に板河内村がある村高は,万治検地帳105石余(天草島鏡/天草郡史料1),「天保郷帳」129石余,「旧高旧領」145石余なお万治検地による天草郡石高半減以前の高は,板河内村を除き,「正保郷帳」で96石余うち田79石余・畠4石余・桑茶永荒11石余「肥後国誌補遺」によれば竈数10・人数171また「天草島鏡」(天草郡史料1)によれば,天保4年の家数78・人数531,田が高123石余・反別8町7反余,畑が高5石余・反別1町6反余うち新田畑高23石余ジャジャブチ対岸の平山に,教会堂跡と伝える地がある神社は,板河内村へ出る途中,轟の滝の近くに轟神社がある社伝によると,天保大飢饉の頃1人の行者が雨乞祈祷をし,その行者の死後,持っていた鉾を祀り雨乞の神としたという轟の滝の近くには鈴木塚があり,石高半減の実現のために切腹したという天草初代代官鈴木重成に対する村民の感謝の塚とされている富岡県,天草県,長崎府,長崎県,八代【やつしろ】県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属同年今田村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450129
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ