ケータイ辞書JLogosロゴ 岩屋河内村(近世)


熊本県>芦北町

江戸期〜明治7年の村名葦北郡のうち地元では「いわいぐち」「いわいごち」という岩井川内・岩屋川内とも書く吉尾川の分流岩屋川内川両岸の段丘に位置する村名の由来は不詳であるが,当地方では石灰岩の多い地域に多々見られる名称熊本藩領村高は「旧高旧領」28石余寛永16年の芦北郡地侍御知行割帳(徳富家文書)に村名が見える「肥後国誌」によれば田浦手永に属し,高26石余熊本県,八代【やつしろ】県を経て,明治6年白川県に所属同7年大河内村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450153
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ