ケータイ辞書JLogosロゴ 岩野村(近世)


熊本県>鹿北町

 江戸期〜明治22年の村名。山鹿郡のうち。熊本藩領。村高は,「寛永郷帳」1,368石余,「正保郷帳」も同高でうち田990石余・畑377石余,「天保郷帳」1,371石余,「旧高旧領」1,402石余。「肥後国誌」によれば山鹿手永に属し,高1,397石余,小村に蕨芹村・中津川村・高井村・福原村・栗瀬村・柚木谷村・女田村・陣内村・桑津留村・尾久保村・星野村・早米木村・三楠木村・田中村・楠木村・天迫村などがある。「肥集録」(肥後国地誌集)では,当村に計33の村が付けられており,岩野川の流路に沿って小集落が点在し,このうち陣内村,栗瀬村が谷口の中心集落として栄えた。各集落は2つにまとめられ,東目・西目の2庄屋が置かれた。また当地方は筑後国境のため,要地に番所が設置され,村内にも三楠木口・女田口・中津川口の3番所が置かれたが,いずれも百姓番とされた。文政9年の山鹿手永書付(菊原家文書)によれば,家数262・人数1,143,馬179,鉄砲3,鳥打1,おどし5,水車2,馬口労4,質屋1,酒屋2,杣4,木挽4,水車2,屋根葺3,桶屋2とある。氏神は陣内の岩野神社。また山伏鏡観房の墓と伝える宝篋印塔は耳の神様として信仰を集めている。熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。明治8年四町村のうち柏木【かやのき】村を合併。「郡村誌」によれば,田112町6反余・畑93町9反余,戸数323・人数1,808,馬220,字高井川に人民共立小学校があり,生徒数は男90・女22,物産は米・裸麦・粱・楮皮・竹皮・炭など,民業は農業300戸・旅籠屋6戸・紙漉職10戸など。同16年説教所が開設され,のち万行寺となる。同22年市制町村制施行による岩野村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450180
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ