ケータイ辞書JLogosロゴ 岩原村(近世)


熊本県>鹿央町

 江戸期〜明治22年の村名。はじめ玉名郡,明治3年からは山鹿郡のうち。熊本藩領。村高は,「寛永郷帳」1,658石余,「正保郷帳」も同高でうち田1,016石余・畑641石余,「天保郷帳」1,697石余。「旧高旧領」では上岩原村などが別記され,当村の高は608石余。なお慶長9年の検地帳(県立図書館蔵文書)では,田82町4反余・畠169町1反余,屋敷が74筆で7町3反余,分米合計1,658石余。「肥後国誌」によれば中富手永に属し,高1,256石余,小村に菅原村・田中村・桑鶴村・宮村・清泰村などがある。また文化11年の中富手永手鑑(肥後藩の経済構造)では,家数74・人数282,馬56。氏神は八幡宮で,天慶年間豊前国宇佐八幡宮を勧請と伝える。隣接して八坂神社がある。また犬塚氏が拠った犬塚城跡のある城ケ鼻に稲荷社が鎮座する。ほかに釈迦堂がある。熊本県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。明治8年上岩原村・郷原村を合併。「郡村誌」によれば,田87町1反余・畑104町5反余,戸数219・人数1,008,牛10・馬147,水車2,字居屋敷に人民共立小学校があり,生徒数は男93・女65,物産は穀類のほか柿・櫨実・蘿蔔・西瓜・薪など,民業は農業169戸・大工職9戸・杣職11戸など。同22年米野岳村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450188
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ