ケータイ辞書JLogosロゴ 上河口村(中世)


熊本県>阿蘇町

室町期に見える村名阿蘇郡湯浦郷のうち応永16年9月日の肥後湯浦郷坪付山野境等注文写(阿蘇文書/大日古13‐1)に「うへ河口之村之坪付五段分」とあり,6か所,計1町2反・畠1枚が記され,うち2か所,計6反は一宮年貢田,1か所,2反は「庄分之田地 中司免」であったまた同注文写によれば,「上河口・下河口二ケ所居屋敷者,依為陣内,加用公事料なし」と見え,田地については所当米1石のほか多くの雑物・銭が課せられ,「此内上河口二ケ所門宇なし」とある同年9月日の肥後湯浦郷阿蘇社役注文(同前)には,惣領方の1つとして「一所上河口村五段」とあり,流鏑馬の時の的立て1人,御田会の蠅追い1人,屋形造営のための柱1本を出す定めであった明治初期,湯浦村の小村に川口があり,現在の阿蘇町湯浦字河口のあたりに比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450197
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ