ケータイ辞書JLogosロゴ 牛深村(近世)


熊本県>牛深市

 江戸期〜明治22年の村名。天草郡のうち。久玉組に属す。はじめ肥前唐津藩領,寛永15年富岡藩領,同18年幕府領,寛文4年再び富岡藩領,同11年からは幕府領。村高は,万治検地帳185石余(天草島鏡/天草郡史料1),「天保郷帳」230石余,「旧高旧領」238石余。なお万治検地による天草郡石高半減以前の高は,「正保郷帳」で340石余うち田266石余・畠14石余・桑茶塩竈永荒59石余。「肥後国誌補遺」では,小村に宮崎・茂串があり,竈数75・人数999。また「天草島鏡」(天草郡史料1)によれば,天保4年の家数948・人数6,669,田が高205石余・反別29町4反余,畑が高24石余・反別6町8反余うち新田畑高43石余,氏神は八幡宮。正保2年漁業の統制と運上取立てのため定浦制がとられ,7か浦が定められたが,当村は周囲の浦方も含めてその1つとされた。はじめ加子役44人,のち37人。また享保2年に遠見番所,寛政11年に牛深湊番所が設置された。番所番人への給米は10石。現在,遠見番所跡,湊番所用水の井戸が残る。富岡県,天草県,長崎府,長崎県,八代【やつしろ】県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。同21年の戸数1,565・人口7,337,戸数の内訳は,農業1,006うち自作農685・小作農321,漁業559うち専業151(県公文類纂/県立図書館蔵文書)。同22年市制町村制施行による牛深村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450232
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ