ケータイ辞書JLogosロゴ 内田村(近代)


熊本県>菊鹿町

 明治22年〜昭和30年の自治体名。はじめ山鹿郡,明治29年からは鹿本郡に所属。上内田・矢谷・相良【あいら】・山内の4か村が合併して成立。旧村名を継承した4大字を編成。村名は旧村中大村であった上内田村にちなむ(県公文類纂/県立図書館蔵文書)。役場を上内田に設置。明治22年矢谷・相良・山内・上内田の4校を合併して上内田小学校を設置,上内田に校舎新築,同時に矢谷・山内の2分室を開設,同36年山鹿町ほか17か町村高等小学校組合は来民高等小学校内田分教室を設立。営林では,同43年六郷村にあった保護区官舎を上内田に新築(鹿本郡誌)。明治22年の田223町余・畑158町余,大正10年の米作285町・6,671石,同11年の麦作は425町・5,354石,大正8年の養蚕戸数261・桑園32町。特産は相良蚊帳・矢谷炭,商業者46。同10年には肥料農機具の内田農産合資会社があった。また同年頃,内田信用組合・内田養蚕組合や耕地整理組合として浦谷・御番所下威共同施行・宮の元・水正平の4組合が設けられていた(同前)。昭和初年〜昭和10年代にはバス営業も増え,相良矢谷線に鹿本自動車組合・来民自動車組合・内田自動車組合が就行した(山鹿市史)。明治24年の戸数611,人口は男1,548・女1,474。世帯数・人口は,大正9年668・3,491,昭和10年656・3,683,同25年777・4,533,同30年767・4,539。同年菊鹿村の一部となり,4大字は同村の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450270
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ