ケータイ辞書JLogosロゴ 上原村(近世)


熊本県>芦北町

 江戸期〜明治22年の村名。葦北郡のうち。熊本藩領。村高は「旧高旧領」31石余。寛永16年の芦北郡地侍御知行割帳(徳富家文書)に横井木村のうちとあり,淵上与三郎・岩下平右衛門の名が当村に知行をもつ地侍として見える。「肥後国誌」では田浦手永に属し,高30石余。当村から海路村へ流れる平谷川の水源地に摩利支天を祀っているが,由来は未詳。平谷川にある嬰児淵は,昔,平家の落人がこの地に住みつき子供を生んだが,泣き声を聞かれるのを恐れて赤子を投げ込んだ淵という。熊本県,八代【やつしろ】県,白川県を経て,明治9年熊本県に所属。同13年大岩小学校上原分教場設立,同22年吉尾小学校海路支校に統合された。明治20年の戸数29・人口187(芦北町誌)。同22年吉尾村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450346
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ