ケータイ辞書JLogosロゴ 生味村(近世)


熊本県>菊池市

江戸期〜明治9年の村名菊池郡のうち菊池川上流に注ぐ生味川下流域に位置する西方の金峰には,興福寺跡や真徳寺跡・祥安寺跡がある熊本藩領天正17年の検地帳(県立図書館蔵文書)では,高282石余うち田149石余・畠133石余,慶長9年の検地帳(同前)によれば,田の反別12町6反余・分米149石余,畠の反別18町7反余・分米91石余(居屋敷を含む)村高は,「寛永郷帳」240石余,「正保郷帳」も同高でうち田149石余・畠91石余,「天保郷帳」244石余,「旧高旧領」305石余「肥後国誌」によれば河原手永に属し,高295石余,小村に中鶴村・滝村・黒仁田村・金峰村・伊良迫村・篠倉村・道園村などがある文化・文政年間の河原手永手鑑によれば,高295石余,請免は179石余,竈数86・人数365,牛105・駄馬94(肥後藩の農村構造)村内の観音岳からは石細工に適した美石を出した(菊池風土記)天保7年完成の古川・兵戸井手が村中央の丘陵地を西流する当村は,はじめ飲水使用しか権利がなかったが,のち灌漑用にも使えるようになった当村は豊後国へ通じる要路にあたり,菊池郡中唯一の中関である生味番所が置かれていた番所地内には抜荷厳禁など7枚掛の高札も立てられ,特に豊後国への穀物流出を取り締まったため米番所とも呼ばれたが,豊後国津江から間道沿いに塩買いに来る程度は見逃したという(熊本の街道と峠)同番所の下,鉾甲川と木護川の合流点に立門眼鏡橋があり,万延元年の完成(肥後の眼鏡橋)「国郡一統志」には天神森が見えるが,現在は篠倉・金峰・道園・東谷・生味・寺園・黒仁田・木佐木に各菅原神社などがある熊本県を経て,明治5年白川県に所属同9年重味村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7450408
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ